テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
未来をここからプロジェクト
menu

相葉雅紀、驚きの発言!『相葉マナブ』放送時間拡大1発目からまさかの事態

相葉雅紀が「ニッポンを元気に!!」を合言葉に、意外と知らない日本の素晴らしさを学びに行くバラエティー番組『相葉マナブ』。

放送9年目に突入した同番組が、4月4日(日)から放送時間を1時間に拡大してスタートする。

もちろん相葉もヤル気満々。いつにも増して元気よく収録に臨んだのだが、放送時間拡大1発目からまさかの事態が発生することに!

春の恒例企画の最新版『第10回!マナブ!タケノコ掘り』で千葉県大多喜町に向かい、この地域でも貴重だという「白たけのこ」を探しはじめた相葉。

2015年以降、自ら「タケノコ王子」を名乗るほど類まれなるタケノコ掘りの才能を発揮してきた相葉は、タケノコ掘り初体験の小峠英二(バイきんぐ)にも探し方を伝授しながら、慣れた手つきで掘り進めていく。

ところが…そんなタケノコの神に愛される王子・相葉が、いきなり何を思ったのか今回で「タケノコ王子を卒業します!」とタケノコ界に激震が走る宣言を繰り出す。

6年にわたって掲げてきた称号を放棄するこの発言の真意は、オンエアで明らかに!

◆相葉の微笑ましい一面も大公開

さらに、視聴者の皆さんからいただいた投稿レシピを作る大人気企画『釜-1グランプリ』もリニューアルしてお届け。今回からは、相葉たちが絶品釜飯を作っては味わい、どれが暫定チャンピオンか決めていく勝ち抜き方式を採用する。

エントリーしたのは、残り物の肉じゃがを活用する釜飯やカマンベールとサバ缶を和風の味つけにする釜飯など、計4品。

「リゾットとシチューの間」「おいしさが爆発している!」「専門店がマネするんじゃないかな」「食材の味がごはんに染み込んでいる」と、相葉たちはどの釜飯も大絶賛。

悩みに悩んだ末、相葉たちはどの釜飯をNo.1に選ぶのか。

また、今回はマナブメンバーがレシピ投稿者の相談に乗ったり、投稿者がもう1度見たい番組の名場面を振り返る一幕も。相葉の微笑ましい一面が垣間見える懐かし映像も飛び出す。

※番組情報:『相葉マナブ
2021年4月4日(日)よる6:00-7:00枠拡大スタート!テレビ朝日系24局

※『相葉マナブ』最新回は、TVerにて無料配信中!(期間限定)

※過去回は、動画配信プラットフォーム「テラサ」で配信中

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事