テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
未来をここからプロジェクト
menu

白濱亜嵐、小芝風花に花束のサプライズ!小芝「男性の方でこんなにお花が似合う方はいない」

“モノの気持ちがわかる”少女モコミと、一見幸せそうに見えるけれど、実はそれぞれに問題を抱える家族の絆と再生を描くドラマ『モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~』

3月20日(土)放送の第8話に、GENERATIONS・白濱亜嵐が本人役でゲスト出演することが決定した。

GENERATIONS from EXILE TRIBEが歌う主題歌『雨のち晴れ』も大きな話題を呼んでいる本作。自分を信じて前向きに進もうと呼びかけるポジティブなナンバーは、このドラマの主人公・清水萌子美(小芝風花)の心に寄り添うもので、萌子美がくじけそうになったとき、その背中を押すかのようにさわやかなエールを届けてくれる。

そんなGENERATIONSのメンバーで、俳優としても目覚ましい活躍を続ける白濱亜嵐が、3月20日(土)放送の第8話に本人役でゲスト出演。主題歌を担当するメンバーの一員としてだけでなく演技でも『モコミ』を盛り上げる

4月より土曜ナイトドラマ枠で放送がはじまる『泣くな研修医』で主演を務めることが発表されている白濱。今回は小芝との共演で2クールの主演キャスト同士がエールを贈り合い、バトンをつなぐ機会となった。

◆「どんなふうに演じればいいのか考えました」

今回、白濱は本人役でドラマに登場することに。萌子美が勤める「清水生花店」に客として訪れ、萌子美とやりとりを繰り広げる。

現場に到着した白濱は、「今日は小芝さんにプレゼントをもってきました!」と花束を贈るというサプライズを演出。これには小芝も「えー! かわいい!」と声を上げつつ、満面の笑顔を見せた。

本人役を演じるのは今回がはじめてとなった白濱。撮影では「どんなふうに演じればいいのか考えました」と緊張していたことを明かす。

一方、白濱と初共演となる小芝は「最初のセリフからさわやかな雰囲気でした。男性の方でこんなにお花が似合う方はいないと思います!」とコメント。「こういう形で共演ができてうれしかったです!」という小芝の言葉に白濱も「本当ですか」とほっとした表情を浮かべた。

そんな白濱は、4月から土曜ナイトドラマ枠ではじまる『泣くな研修医』でテレビ朝日系連ドラ初主演。お互いにドラマの撮影を頑張りましょうとエールを交換した。

◆小芝風花(清水萌子美・役)コメント(全文)

白濱さんとは以前、私が出演した映画の主題歌をGENERATIONSさんが担当してくださったことがあり、そのとき舞台挨拶でご一緒しました。今回は短い時間ではありましたが、お芝居で共演できてとてもうれしいです。

ご自身を演じるということで、撮影まではいろいろ大変だったと伺いましたが、最初のセリフからすごくさわやかで、こんなにお花が似合う男性はそういないと思います。

素敵なお客様が「清水生花店」に来てくださいますので、どんなふうに白濱さんがお店に現れるのか、第8話まで期待しながらお待ちください!

◆白濱亜嵐 コメント(全文)

第1話から『モコミ』を拝見していて、とても優しい世界観のドラマだと思っていました。こうして現場にお邪魔したら、ドラマ同様に温かな雰囲気で、すっと演じることに集中できました。

とはいえ、本人役でドラマに出演するのははじめてなので緊張しましたね。どんなふうに演じればいいのか考えました。

こうして小芝さんとお芝居をさせていただき、ますますこのドラマを見るのが楽しみになりました。視聴者の皆さんも『モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~』、『泣くな研修医』と、2作連続での応援をよろしくお願いします!

※番組情報:『モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~』第8話
2021年3月20日(土)午後11:00〜、テレビ朝日系24局

※『モコミ~彼女ちょっとヘンだけど』最新回は、「TVer」にて無料配信中!(期間限定)

※過去回は、動画配信プラットフォーム「TELASA(テラサ)」で配信中!

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事