テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
未来をここからプロジェクト
menu

弘中綾香アナ「見透かされちゃった」と赤面!恋愛したら「とことん尽くすタイプ」

激レア”な体験を実際にした「激レアさん」をスタジオに集め、その体験談を紐解いていく番組『激レアさんを連れてきた。』。

2月22日(月)の放送では、水原希子とカズレーザーをゲストに迎え、2人の“激レアさん”を紹介する。

1人目は、「35歳でやっと自分が超大食いだと気づき、どん底人生から一発逆転した人」ことMAXスズキさん。

“大食い業界”でかなり遅いスタートとなるMAXさん。今でこそフードファイターとして認知されているが、もともとは大食いとはかけ離れた食生活だったとか。

ギャンブル好きで、女性も大好き。住む家もなく、女性の家を転々と渡り歩くヒモのような状態で、35 歳までは「どうしようもねぇ生活を送っていました」と振り返る。

そんな経験から女性を見る目には自信があるようで、弘中綾香アナウンサーについても「レベルは高いけど、1回懐に入ったらとことん尽くすタイプ」と指摘。

見事に言い当てられた弘中アナウンサーが「見透かされちゃった」と顔を赤らめる場面も。

そんな“どうしようもねぇ生活”を送るMAXさんだったが、心の拠り所となっていたのが大食い番組だった。

もともと親が大食い番組好きで物心ついていたときから見ていたのだが、ある人物の存在を知り、35歳のときに大食いチャレンジメニューへ挑戦することを決意。

そこで自分でも驚くような出来事が起こる。

それまで一切、大食いのトレーニングをしていなかったMAXさんが30代半ばでフードファイターとなり、成功できた理由は何なのか?

その後に待っていた挫折と復活までの道のりを、彼を支えてくれた最愛の人とのエピソードを交えて紹介する。

◆TV出演年間約300回のスーパー店員

2人目の激レアさんは、「度を超えて人がよすぎるせいで、年間300本以上ニュースのインタビューを受けているスーパーの店主」ことアキバさん。

スタジオに登場するや、出演者たちから「見たことがある!」との声が上がる。

消費税が上がったときをはじめ、国民の生活に関わることが起きると夕方のニュースでよくスーパーの店員がインタビューに答えているが、アキバさんこそ“店員さん界の頂点”というべき人物だ。

東京都練馬区にあるスーパーマーケットの創業者であるアキバさんが去年、テレビに出演した回数は年間で約300回。この数はマツコ・デラックスや指原莉乃に並ぶ回数となる。

一見他のスーパーの店主と変わりないアキバさんがこうなってしまったのには、深い訳があった。

とにかく困っている人がいると、助けずにいられないというアキバさん。番組ADから出演を懇願されれば、つい情にほだされ協力してしまうという。

さらに人がいいだけで出演依頼が殺到するはずがなく、アキバさんをテレビ界が放っておかないある理由があった。

番組情報:『激レアさんを連れてきた。
2021年2月22日(月)午後11:15~深夜0:15、テレビ朝日系24局(※⼀部地域を除く)
※『激レアさんを連れてきた。』最新回は、TVerにて無料配信中!(期間限定)
※過去回は、動画配信プラットフォーム「テラサ」で配信中

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事