テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

出川哲朗、人気女優とまさかのスキャンダル発覚!田中みな実にたしなめられ猛省&大パニック

山里亮太(南海キャンディーズ)と、あざとい女子の二大巨頭・田中みな実&弘中綾香(テレビ朝日アナウンサー)が“あざとさ”について語り合うバラエティ『あざとくて何が悪いの?』。

令和の最旬あざと処世術を毎回フィーチャーしている本番組に、今回昭和感を貫く自称恋愛マスターが登場する。

それは、かつて“抱かれたくない男”ランキングで上位をキープして殿堂入りまではたすも、今や好感度タレントへと華麗なる転身を遂げた出川哲朗。

番組冒頭から「オレは令和に合わせるなんてしないから。オレ自身で勝負だから。時代なんて関係ない!マジで。時代なんて関係ない!」と、男前風に己の美学を強調する出川だが、調子に乗ってこぼした発言に弘中がドン引き。「訴えます」とまで言われてしまった出川の問題発言とは一体…。

さらに、うっかり出川の災難はまだまだ続く。あろうことか、出川に関する“まさかのスキャンダル”が、ほかならぬ本人発信で発覚してしまう!

◆島崎遥香の新企画で、出川が窮地に!

今回の『あざとくて』では、“ぱるる”こと島崎遥香による新企画「あざとく生きよう! おじさんのためのLINE添削講座」をスタート。

ぱるるが実際のおじさんのLINE文章&画像を取り上げ、問題点を添削しながら、相手に不快感を与えない“あざとさ”を伝授していくのだが…。この企画が発端となり、出川がモデルとしても活躍する某人気女優につい、おじさんLINEを送ってしまっていたことを告白!

田中が険しい顔で「何ですか、これ。恥ずかしいですよ!見たくなかった、こんなの」とたしなめた、出川presentsおじさんLINEの全貌とは。

しかも、猛省&大パニックで“ヤバいよ、ヤバいよ”状態の出川に追い打ちをかけるかのように、被害(!?)に遭った人気女優が番組に明かした本音も大公開する。

◆山下美月&Kaito主演の「あざと連ドラ」に田中&弘中がマジギレ!

そして、乃木坂46の山下美月と、ABEMAオリジナル恋愛リアリティーショー『オオカミくんには騙されない』で一躍脚光を浴びたKaitoがW主演を務める「あざと連ドラ」は、早くも第3話へ突入。

あざと女子道をまい進するも、“あざとい”が通用しないミステリアスな後輩・ツバサ(Kaito)の出現によって、「あざとかわいい私って、本当の私…?」と疑問をもちはじめた女子大生・さくら(山下)。

第3話では、そんなさくらにあざカワ人気女子でいることを強要し続ける彼氏・エイト(佐伯亮)が、またまたやらかしてしまう…。

ドラマを見ていた田中&弘中が、前回に続いて、思いやりゼロ&勝手な言動ばかり繰り返すエイトにマジギレする事態に!

さらに、あるシーンを見た田中があくまで“一般論”として、男がつく嘘パターンの事例を挙げ、怒りを爆発させるのだが…。なんとその矢先、スタジオでも思わぬドラマが生まれることに!

山里に「ずいぶん具体的なんですけど。一般論の話をされてるんですよね?」とツッコまれた田中が、わかりやすくキョドってしまう。

◆『あざとくて何が悪いの?』ボイス付きLINE公式スタンプが販売中!

「嘘でしょ!?」「ちょうどいい!」など日常的に使いやすい定番のセリフから、「待ってなかったの?」「だんだんそれが重くなるんだよね」といった過去の放送で飛び出したセリフのスタンプを収録した、全24種のラインナップとなっている。

※番組情報:『あざとくて何が悪いの?
2021年2月13日(土)よる9:55~10:25、テレビ朝日系列(※一部地域を除く)

※『あざとくて何が悪いの?』最新回は、TVerにて無料配信中!(期間限定)

※過去回は、動画配信プラットフォーム「テラサ」で配信中

※商品情報:『あざとくて何が悪いの?』ボイススタンプ
価格:1セット(静止画ボイス付24個)あたり250円(税込)または100コイン

※iOS・Android用 LINE 8.17.0, Android用 LINE Lite 1.7.5 以上でご利用いただけます。
※「LINE」アプリの「スタンプショップ」からも購入・ダウンロードできます。
※ダウンロード・「LINE」利用時の通信料は別途お客様負担となります。
※販売開始まではアクセス出来ませんのでご了承下さい。
※料金は2020年12月10日時点のものです。

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事