テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
未来をここからプロジェクト
menu

女子高生が「日本人女性初のプロ野球選手」に!“国民的アイドル”を参考に魔球習得

激レア”な体験を実際にした「激レアさん」をスタジオに集め、その体験談を紐解いていく番組『激レアさんを連れてきた。』。

2月8日(月)の放送では、芳根京子とアンガールズ田中卓志をゲストに迎え、2人の“激レアさん”を紹介する。

1人目は、「死に物狂いで“魔球”を習得したら 日本人女性初のプロ野球選手になっちゃった人」ことエリさん。

彼女こそ、日本プロ野球史上初、男性と同じチームに所属した唯一の女子プロ野球選手だ。なぜそんなことを実現できたのかというと、日本のプロ選手のほとんどが成し得なかった魔球“ナックルボール”を習得したから。

この魔球を武器に、エリさんは一回り以上体格の違う男性プロ野球選手から凡打の山を築き、本場アメリカでも活躍。ついにはアメリカの野球殿堂入りまではたしている。

およそ12年前、“ナックル姫”の愛称で話題となったエリさん。17歳で突如野球界に現れ、プロ野球選手に。彼女の最大にして最強の武器が「魔球・ナックル」だ。

中学生の頃から男子と一緒に野球をプレーをしていたエリさんだが、体格差で力負けするのが悔しくてたまらなかったという。そんな彼女に父親が手渡したコミックこそ、水島新司の「野球狂の詩」だった。

女性プロ野球選手・水原勇気の投げる「ドリームボール」に憧れ、調べるとこの魔球がメジャーリーガー、ティム・ウェイクフィールドの投げる「ナックルボール」に似ていると判明。さっそく練習を開始する。

さらに高校1年のときにはプロ野球選手になると決意。“ナックルボール一筋”の生活に突入する。

そんなエリさんが魔球を習得できたのは、ある国民的アイドルグループのおかげだった。

そのアイドルのダンスを踊りながらキャッチボールすることが習慣になっていたエリさんは、ダンスの振りつけからナックルボールを投げる際の手首の回転のコツを習得したという。

いったいそのアイドルとは誰なのか? 汗も涙も努力もいっぱいな、野球界のシンデレラストーリーを見ていく。

◆奇跡の体験をした芸人

そして、「奇跡の芸人」として登場するのはライセンスの藤原一裕。

藤原はある”すごい体験”をしているのだが、番組おなじみの数学教師芸人タカタ先生によると、藤原に起きた奇跡の確率は3374垓(がい)分の1となる。

”垓”とは一、十、百、千、万、億、兆、京、そして、その次につづく位。3374垓分の1でどんな出来事が起こるのかといえば、じゃんけんで49回連続あいこ、ゴルフで6発連続ホールインワン、四つ葉のクローバー6 本連続発見…と遭遇するのが難しいことばかりだ。

藤原にいったい何が起きたのか? 本人も「これ絶対ドッキリやん!」と思ったという、奇跡の一部始終と、その後の”シャレにならない”出来事が明らかになる。

番組情報:『激レアさんを連れてきた。
2021年2月8日(月)午後11:15~深夜0:15、テレビ朝日系24局(※⼀部地域を除く)
※『激レアさんを連れてきた。』最新回は、TVerにて無料配信中!(期間限定)
※過去回は、動画配信プラットフォーム「テラサ」で配信中

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事