テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

マヂカルラブリー、長嶋一茂の“ムチャぶり”に困惑!漫才論争がぼっ発したネタ披露で…

華麗なる家庭で育ち、言いたいことを遠慮なく口にしちゃう石原良純、長嶋一茂、高嶋ちさ子の怖いもの知らずのメンバーが、いま世間をザワつかせている社会現象について独自トークを繰り広げる『ザワつく!金曜日』。

1月15日(金)の放送では、テレビ朝日が2020年10月に立ち上げた企画『未来をここからプロジェクトWEEK』に参戦。地球の水不足解消に向けて行動する若者を紹介する。

『未来をここからプロジェクトWEEK』は、いまだ新型コロナウイルスが猛威をふるうなか、「未来を見つめ、共に考え、一歩踏み出せるよう応援する」というもの。

始動以来、さまざまな番組と連動し、世のなかの人々に勇気や希望を見つけてもらえるような新企画を発信してきた。多ジャンルの番組で、視聴者がポジティブになれる企画を送り、今回『ザワつく!金曜日』でも若き研究者にスポットを当てる。

◆若者の行動力に感動した後、大論争に発展?

現在28歳の前田瑶介さんが製作したシャワーブースは、少量の水だけで100人以上がシャワーを浴びることが出来るというもの。水道を必要としないため、日本国内だけでなく、水問題に悩む世界の国々からも期待が寄せられている。

人類の未来のため、今の水道とはまったく別の新しい「水の循環システム」を作りたいと語る前田さんに、ちさ子も「スゴい」と感心しきり。

さらにコロナ禍で手洗いの必要性が高まっている今、前田さんのもう一つの技術も注目を集めている。それが、手を洗った水の汚れをAIで選別し、専用のフィルターでろ過することで98%の水が再生できる水循環システムを利用した手洗いスタンド。

1度に20リットルの水を入れれば約500人が手を洗えるというものだ。水不足問題は人類にとっての課題だけに、前田さんの技術が未来を変えるかもしれない。

前田さんが小学生の頃から素晴らしい着眼点の持ち主とわかると、一茂はシンパシーを感じると発言。ちさ子も驚きの表情を浮かべる。一茂との共通点が明らかになる。

さらにザワつくトリオに子どものころの夢を聞くと、あるメンバーが「忍者になりたかった」と言い出す。そればかりか実際に忍者に会ったことがあると発言し、ザワつくトリオにとって忍者とはどんな存在なのかトークがヒートアップする。

◆マヂカルラブリーが番組初参戦!

スタジオには、2020年の『M-1グランプリ』で優勝したコンビ・マヂカルラブリーが登場。

M-1では「あんなの漫才じゃない」「M-1に相応しくない」と、そのネタが漫才なのか漫才ではないのか、ネット上で大論争が起こった彼らが、ザワつくトリオにネタを披露する。

漫才の新時代を切り開くようなネタの感想を3人がそれぞれに語る一方、一茂からはマヂカルラブリーも困惑するような“ムチャぶり”が。

◆一茂のサイン企画。現在の終了枚数は?

視聴者から24716通の応募があった一茂のサイン企画。現在どれくらい返事を書いたのか、衝撃の枚数を発表する。

最後までやり遂げるつもりだと熱く語る一茂だが、ゴールはいつになるのか。

今後の展開に関して、サバンナ高橋茂雄からある提案がされると、一茂は「ちょっと待って!」と絶叫。一茂サイン企画が新たな展開を見せる。

※番組情報:『ザワつく!金曜日
2021年1月15日(金)午後6:45~午後8:00、テレビ朝日系24局(※一部地域を除く)

※『ザワつく!金曜日』最新回は、TVerにて無料配信中!(期間限定)

※過去回は、動画配信プラットフォーム「テラサ」で配信中

※『未来をここからプロジェクト WEEK
2021年1月11日(月)~1月17日(日)

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事