テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

「VIPは何の略?」ももクロ・高城れにの“珍解答”にスタジオ騒然!

ももいろクローバーZのリアルな姿を配信するテレ朝動画のオリジナル番組『ももクロChan』。

配信中の最新エピソードでは、「2021年新春ももクロChanカルタ」をお届けします。

お正月の恒例企画「新春ももクロChanカルタ」では、取った札に書かれたトークテーマやクイズに解答。うまく答えることができれば、壁に貼ってある“お年玉”をゲットできます。

お年玉の中身は、うれしい“ご褒美”だけでなく、 “残念な品”もありますが、最終的に、お年玉の合計金額が一番多かった人が優勝となります。

◆高城れに、“ギャルっぽさ”全開の新年の挨拶を披露

「まばたきを 1分我慢 できるかな?」という札が読み上げられると、まばたきを我慢するのが得意な高城はすかさず札に手を伸ばしますが、ほぼ同じタイミングで札を見つけた百田夏菜子と“お見合い状態”に。

すると百田は「私できないな…」と突然我に返って弱気になりはじめ、札を高城に譲ろうとします。そんな百田に高城が「挑戦してみれば?2021年は違う百田をみせるんでしょ?」とエールを送ると、百田は札を取る決意を固めます。

百田は、「やったるわ!」と意を決して1分間の“まばたき我慢”に挑戦。気合十分で挑みましたが、開始わずか15秒で、まばたきどころか、しっかり目をつぶってしまい、あっけなく失敗してしまいます。

その後、“泣きの一回”に挑戦するも、24秒で散ってしまった百田。そんな百田の頑張りに感化された佐々木もチャレンジしますが、同じく開始早々に失敗するという残念な結果に終わってしまいます。

ここで満を持して、高城が登場。表情ひとつ変えずにまばたきを我慢し、さらにチャレンジ中に百田、佐々木と会話をする余裕まで見せ、見事成功。“まばたきのプロ”ともいえる高城のスゴ技に、百田&佐々木は「すごい!」と盛り上がります

そんな高城がゲットしたお年玉は、なんと“2021年1分間定点アピールタイム”。ギャル編、憑依編、ぶりっ子編のなかからどれか1つを選び、定点カメラに向かって新年の挨拶をすることに。

“ギャル編”を選んだ高城は、実際にギャル友から呼ばれているという「れちゃん」というあだ名で自身を呼び、「キュンです」「モッパン」などのギャル用語を駆使。実はももクロの冠番組『ももクロちゃんと!』でもギャルとしての意外な才能を発揮し、メンバーを驚かせたことがある高城。そんなクオリティの高いギャルを披露した高城を、百田は「ギャル語のボキャブラリーが多い」とべた褒めしていました。

続いての「にっぽんの 初代総理の お名前は?」という札では、解答に自信がない百田と高城は札を見つけるも取ろうとせず…。そんな2人の様子を目にした佐々木は「なんでわかんないの!」と思わず笑い出してしまいます

常識問題ということで念のため百田と高城にも解答を求めてみると、百田は「竹下さん」、高城は「小泉さん」と答え、案の定不正解に。2人のあまりの“解答”に佐々木は呆れつつ、「伊藤博文」と正解します。

前回も歴史問題を2問連続で正解した佐々木に、高城は「歴史得意なんだね!」と感心するも、佐々木は問題が簡単だったこともあり「これは得意には入らない」とつっこみます。

続いての札は「VIPは何の略?」。こちらも一般常識問題ではあるものの、ももクロにとっては難しい問題だったようで、苦笑いを浮かべるメンバーたち

そんな状況のなか、まず動いたのは佐々木。正解は「Very Important Person」のところ、佐々木は「Victoria Imitation Perfect」とラグジュアリーな単語を並べて解答するも、正解ならず。

続いて高城が問題にチャレンジしますが、導き出した答えは「Victory Ippon」。その天然っぷりがうかがえる、まさかの解答にスタジオはざわつきます。

その後ヒントを出してもらい、ひらめいた佐々木がこの問題に正解してお年玉をゲット。

正解を連発した佐々木が追い上げるも、現在の1位は獲得金額が多い高城。次回の放送で、「2021年新春ももクロChanカルタ」の優勝者が決定します!

※動画の視聴は、こちらから!

テレ朝動画『ももクロChan』
次回は2021年1月15日(金)よる6時ごろ配信開始予定 過去のアーカイブも公開中!

※テレ朝動画『川上アキラの人のふんどしでひとりふんどし
毎週月曜よる7時〜生配信!ももクロもゲストで出演も! アーカイブも公開中

※テレ朝動画『Musée du ももクロ ~アートの学びをデザインする~
絶賛公開中!

※『logirl』の詳細はこちら!

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事