テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
未来をここからプロジェクト
menu

良純&一茂の“奇跡”に、スタジオ騒然!ちさ子は、驚き立ち上がって大絶叫!

華麗なる家庭で育ち、言いたいことを遠慮なく口にしちゃう石原良純、長嶋一茂、高嶋ちさ子の怖いもの知らずのメンバーが、いま世間をザワつかせている社会現象について独自トークを繰り広げる『ザワつく!金曜日』。

12月11日(金)の放送では、国民的チョコレート菓子をめぐり、ちさ子が熱くなる場面があった。

◆「エルメスのバーキンよりほしい!」

1967年に誕生した国民的人気を誇るロングセラー商品のチョコレート菓子。こちらを販売する企業を訪問し、当選するともらえるおもちゃが詰まった“カンヅメ”を特集。

商品キャラクターの形をしたカンヅメにはビックリするような仕掛けが施されていることが判明し、ザワつくトリオも驚きの声を上げた。

エルメスのバーキンよりほしい!」「だってレアなんでしょ?」と目を輝かせるちさ子。

進行役のサバンナ・高橋茂雄も「もっている人に1回も会ったことない」とコメントするなど、当選者しかもらえないおもちゃのカンヅメの話題について盛り上がった。

すると、良純が「俺は1回当たったことある」と発言し、ちさ子は「えー!!」とびっくり。さらに一茂も「当たってると思う」とコメントし、ザワつくトリオの3人中2人に当選経験があることが判明する。

良純は「僕らのときは本当の缶詰だった。1971年か72年くらいに当たって、缶切りで開けたよ。うれしかったから、なかのものは覚えていない。『これがあのおもちゃのカンヅメなんだ!』と思って、兄弟みんなで開けたところまでは覚えてる」と当時を振り返る。

一茂も「思ったより軽いんだよ」と、当選者しかわからないエピソードを明かし、ちさ子はうらやましそうに聞いていた。

スタジオでは、実際にそのチョコレート菓子を用意し、アタリがあるかどうか3人で見てみることに。

すると、奇跡的に良純と一茂がアタリを引き当て、スタジオは騒然。驚いたちさ子は、思わず立ち上がって「えぇぇーーー!!」と絶叫。

アタリは、スタッフが商品を用意したわけではなく、たまたま並べた商品のなかに混ざっていたという。

ちさ子は「どうしてそれを私にあてがわないの!?」と、がっかり。さらに、あきらめがつかないちさ子はチョコのアタリを漁りはじめ、最終的に高橋から「万引き主婦みたい」とツッコまれてしまった。

番組情報:『ザワつく!金曜日
毎週金曜日 よる6:45〜、テレビ朝日系24局(※一部地域を除く)

※『ザワつく!金曜日』最新回は、TVerにて無料配信中!(期間限定)
※過去回は、動画配信プラットフォーム「テラサ」で配信中

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事