テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

ド素人の主婦が年商7億円のラーメン店経営者に!運命を変えた“救世主”との出会い

“激レア”な体験を実際にした「激レアさん」をスタジオに集め、その体験談を紐解いていく番組『激レアさんを連れてきた。』。

12月7日(月)の放送では、King & Prince 岸優太と足立梨花をゲストに迎え、2組の“激レアさん”を紹介する。

1人目は、“3人の子どもを育てながらイチかバチかの賭けに出て、ド素人なのに上京してラーメン店を開いたら年商7億円を達成しちゃった勝負師” ことタカハシさん。

現在経営する店をのぞくと、焼きアゴの魚介出汁が上品な味わいのラーメンが大人気で、昼時ともなると満員状態。しかし、当初のタカハシさんはラーメン作りもお店の経営も未経験のド素人。客もまったく入らず、閉店寸前だった。

そんなタカハシさんを救ったのは誰もが知るあの有名人。店の宣伝のために出演した人気番組がきっかけで、行列ができる繁盛店になったという

大学卒業後、東京で就職したかったものの、すぐに子どもが出来たため地元・新潟で結婚したタカハシさん。27歳のころには夫や3人の子どもたちと仲睦まじく暮らしていたが、テレビでカリスマラーメン社長の大豪邸とフェラーリが紹介されている番組を見て、「自分も同じようになりたい!」と夫とラーメン店を開くために上京を決意する。

周囲からは反対されたり、呆れられたり。さらに当時、新規参入するラーメン屋さんは年間およそ3000店あり、そのうちおよそ8割が3年以内に廃業するという厳しい状況だった。それでもタカハシさんはある秘策を胸に、すべて承知の上で東京にやって来る。

ラーメン店を開くため、夫ともにはじめた奮闘の数々。開店までの道のり、店を開いてから待っていた極貧生活、運命を変えた救世主との出会い…。タカハシさんはいかにして成功を手に入れたのかを振り返る。

◆日本一ツイてない男

そして2人目の激レアさんは、“昼の1時に思いっきり車に追突された後、その2時間後まったく同じ場所で再び車に追突された日本一ツイてない人”ことアマノさん。

出演者も「うそでしょ!?」「なんでそんなことなるの!?」と驚くばかり。1日に2度、同じ場所で追突されることがどれだけ珍しいのか、確率をマルチ数学教師芸人・タカタ先生に導き出してもらうと、聞いたこともないような位が飛び出す。

事件が起きたのは2018年8月9日、午後1時30分。鈍った体を動かそうと近所のプールへ車を運転していたアマノさんに突然、悲劇が襲う。いつも通る山梨県の見晴らしのいい県道を、時速40キロほどで走っていたところ、後方から走って来た自動車にノーブレーキで追突されてしまったのだ

ぶつかった瞬間に大きくスピンし、車はゴロゴロ転がったという。その後、15分ほどで病院へ搬送され、幸いにも右肩の打撲だけで済んだため、娘さんの車で無事帰宅することになる。

しかしここからのある決断がアマノさんを再び悲劇に導くことに。いったいなぜ2時間の間に、2度も同じ場所で追突されてしまったのか。アマノさんの日本一ツイてない一日を見ていく。

※番組情報:『激レアさんを連れてきた。
毎週月曜 よる11:15~深夜0:15、テレビ朝日系列(※一部地域を除く)
※『激レアさんを連れてきた。』最新回は、TVerにて無料配信中!(期間限定)
※過去回は、動画配信プラットフォーム「テラサ」で配信中

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事