テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
未来をここからプロジェクト
menu

大野智が『相葉マナブ』に6年半ぶりの登場!自然薯掘りで、相葉雅紀と“あうんの呼吸”を披露

12月13日(日)放送の相葉マナブは、『マナブ!自然薯堀り1時間SP』をお届けする。

大好評企画の自然薯堀りはこれで8回目。相葉雅紀を筆頭に、澤部佑(ハライチ)、高橋茂雄(サバンナ)らも「これまで以上に大きな自然薯を掘りたい!」とヤル気満々だ。

さらに、今回は嵐のリーダー・大野智が登場。相葉にとって何よりも力強い味方・大野が、6年半ぶりに『相葉マナブ』に帰ってくる

長年、嵐という国民的グループでトップを走り続けてきた2人のチームワークはバツグン。相葉が「自然薯掘りはこの番組でも大切にしている企画。この回はまさに“青春バラエティ”になります。熱く、“ガチ”に男4人が自然薯に向き合います! リーダーとは自然と役割分担をしながら、あうんの呼吸で出来たと思います!」と語るなど、息ピッタリの“最強芋掘りコンビ”が繰り広げる“青春バラエティ”をお送りする。

◆相葉&大野“最強芋掘りコンビ”が大奮闘!

一行が訪れるのは、千葉県市原市。これまでに相葉たちが堀った自然薯の最大のサイズは、長さ68センチ、重さ2.6キロだが、今回は何としても“大物”を掘りたいということで、自然薯堀りの第1回に登場してくれた名人が再び登場。あらためて指導を受けながら記録更新に挑む。

収録中の相葉と大野のコンビネーションはバッチリ。大野が掘っているときに相葉が無言でサポートする、そんな2人のチームワークは、澤部が「何も言わなくて役割分担ができている! さすが長く一緒にいるだけのことはありますね」、高橋が「片方がのこぎりを使ったら、片方がスコップでフォローしている。簡単な手術だったら、この道具の受け渡しが抜群の2人にお願いしたい(笑)」と、感動するレベル。

最強コンビの見事な連携プレーで新記録は達成できるのか。さらに相葉と大野は、自然薯を使った料理にも挑戦。びっくりするほどネバネバの新鮮な自然薯をおいしい料理に仕上げていく。

さらに今回は、“リーダーにさらにおいしい料理を味わってほしい”という相葉のたっての願いで、8か月ぶりに“包丁王子”が復活。大将・相葉が自ら握った寿司を振る舞うことに

ここでは釣りが趣味だという大野が魚をさばく姿を披露。まさに“嵐寿司”の誕生だ。2人同時に魚をさばく姿を見た澤部は「動きがシンクロしている! まるでダンスみたい!!」とビックリ。高橋も「いつもはすぐおなかいっぱいになるけど、おいしすぎて今日はまだまだイケる!」と大絶賛だった。

収録を終えた相葉は「リーダーが来てくれてとてもうれしかった!」とニコニコ。大野も「ゲストで来るのは6年半ぶりですが、以前にも増して“相葉ちゃんワールド”が仕上がっていました(笑)。終始現場にいい空気が漂っていました。」と感想を語った。

◆相葉雅紀 コメント(全文)

今日は6年半ぶりにリーダーが来てくれました! とてもうれしかったですね。

これまでにもリーダーとはいろいろなことをおこなってきましたが、自然薯掘りは今回がはじめて。それでも何も言わなくても、自然と役割分担をしながら、あうんの呼吸で出来たと思います!

自然薯掘りはこの番組でも大切にしている企画。この回はまさに“青春バラエティ”になります。熱く、“ガチ”に男4人が自然薯に向き合います! 料理コーナーも自然薯に加え、魚も味わいますので、ぜひ1時間SPをお楽しみに!

◆大野智 コメント(全文)

これまで結構、相葉ちゃんとのコンビでロケを行ってきたので、今日は当時を思い出して懐かしい気分になりました。

『相葉マナブ』にゲストで来るのは6年半ぶりですが、以前にも増して“相葉ちゃんワールド”が仕上がっていました(笑)。スタッフさんたちも含め、終始現場にいい空気が漂っていました。

『相葉マナブ』には久しぶりの登場となります。視聴者の皆さんには以前のことを思い出していただき、どんなところが変わっているのか、その違いをぜひ楽しんでいただきたいです(笑)。

※番組情報:『相葉マナブ
毎週日曜 よる6:00〜6:30、テレビ朝日系列
※『相葉マナブ』最新回は、TVerにて無料配信中!(期間限定)
※過去回は、動画配信プラットフォーム「テラサ」で配信中

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事