テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

なにわ男子、“韓国アイドル風”メイクに挑戦!大橋和也「キラッキラですね」

関西ジャニーズJr.の7人組グループ・なにわ男子が“一流”たるものを身につけるべく、さまざまな業界の“一流のお姉様方”に密着し、彼女たちから生き様、女心を学ぶ、1クール限定の冠バラエティ『なにわ男子と一流姉さん』。

動画配信プラットフォームTELASA(テラサ)では毎週土曜日、地上波テレビ朝日で『なにわ男子と一流姉さん』の放送終了後に、配信オリジナルコンテンツ『なにわ男子、一流への道』を独占配信している。

(C)テレビ朝日

なにわ男子が、さらに一流のアイドルになるべく、さまざまな企画に挑戦している同コンテンツ。11月28日(土)、12月5日(土)の地上波放送終了後に配信する回のテーマは、「一流メイク男子への道」。

11月28日(土)放送終了後配信の#5では、“韓国アイドル風メイク”に、そして12月5日(土)放送終了後配信の#6では”日本のアイドル風メイク“にメンバーたちが挑戦。アイドルとして自分をより美しく見せるメイク術を習得する。

◆道枝、高橋、長尾、大橋が“韓国アイドル風”メイクに挑戦

一流アイドルたるもの、メイクの技術もマスターしておくべき、そして女子の気持ちも理解しておくべき、ということで、道枝駿佑、高橋恭平、長尾謙杜、大橋和也の4人が、 “一流メイク男子”を目指して奮闘。『ミス・インターナショナル・クイーン・ジャパン』で見事グランプリにも輝いた“日本で一番美しいニューハーフ”のvanが、4人にメイク技術を伝授する。

今回彼らが挑戦するのは芯が強い印象の“韓国アイドル風”メイク。vanが目元とハイライト、そしてツヤ肌を重点的に解説していく。

定番のブラウン系のアイシャドウを手に「キラッキラですね」とさっそく興味津々の大橋。「ライブのときなどは自分たちでメイクをすることもある」と話す道枝らとは対照的に、普段ほとんどメイクをしないという高橋は、はじめての経験に戸惑い気味の様子を見せる。

最初はおぼつかない手つきでアイシャドウやハイライトを塗る4人だったが、徐々に慣れた手つきに。いつの間にかテレビだということも忘れ、無口になるほど真剣に取り組んでいた。

そうして完成した道枝、高橋、長尾、大橋のメイク。最後の仕上げを施し、韓国アイドルっぽさを取り入れた衣装も身につけて、いよいよお披露目タイムに突入。

vanが、もっともメイクが上手だったと評するのは、いったい誰なのか。

※番組情報:『なにわ男子と一流姉さん
毎週土曜日よる11:30〜、テレビ朝日系24局

※番組情報:『なにわ男子、一流への道』
TELASA(テラサ)」で配信中!

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事