テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

宮本信子、夫・伊丹十三さんの写真に「ごめんなさいね」と声をかけ…“湯河原の家”を大掃除

11月20日(金) の『徹子の部屋』に、宮本信子が登場する。

朝ドラ『あまちゃん』『ひよっこ』などで好演した宮本。

高校卒業後、文学座付属演劇研究所で演技の勉強に励んだが、同じ時期に黒柳徹子も文学座で学んでいた。今やお宝となった、当時の2人の写真を披露する

夫で、映画監督の伊丹十三さんが逝き、20年以上。欲しい物がすぐ出てこないと怒る夫と、物が捨てられないタイプの母の影響で、すっかり“整理整頓”上手になった宮本。令和時代を迎える際とコロナ禍の2回にわたり大掃除をした。

とくに、伊丹十三監督作品1作目の『お葬式』の舞台となった“湯河原の家”を徹底的に行ったそう。自分の写真は躊躇なく捨てられるが、伊丹さんの写真には一枚一枚「ごめんなさいね」と声をかけたという

伊丹十三さんの作品では、主演女優として数々の賞を受賞している宮本。その伊丹作品に欠かせない、盟友・津川雅彦さんが2年前に亡くなった

40年ほどの付き合いで、「のぶちゃん」「まさひこちゃん」と呼び合うベストパートナーだった。今回は『あげまん』と『マルサの女』の共演シーンを観ながら、撮影秘話や津川さんの魅力もじっくり伺う。

また、35年前の宮本の初出演や、長男で俳優の池内万作が5歳のときに伊丹さんと一緒に出演した映像を紹介。とにかく無邪気な“万作くん”の姿に2人は大爆笑する。

※番組情報:『徹子の部屋
2020年11月20日(金)午後1:00~午後1:30、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事