テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

土屋太鳳、16歳のときに“舌”を手術。幼少期から“滑舌の悪さ”に悩み決断

10月1日(木)の『徹子の部屋』に、土屋太鳳が登場する。

5年前の朝ドラ『まれ』で主演を務めた土屋が『徹子の部屋』に初登場。

映画、テレビ、CMに引っ張りだこ、スポーツ万能で日本女子体育大学の現役女子大生でもある。“太鳳”は本名で、名前の由来は妊娠中の母がみた“予知夢”が関係しているそう

笑顔が素敵な土屋だが、実は幼少期から“滑舌”の悪さに悩んでいたとか。発声練習を繰り返すも、ら行やた行の発音が思うようにできず、16歳のとき“舌小帯”を切る手術を受けた

術後もしばらくは痛みに悩まされたが、現在は思うように話すことができるという。大きな決断だったが、一歩踏み出す勇気が今の自信に繋がっているのだとか

高校生のとき、創作ダンス部で全国大会に出場した経験がある土屋。3歳からはじめた“日本舞踊”や“バレエ”が現在も運動の基礎になっている。

研究熱心で“頑張り屋さん”な性格だが、越えられない壁が身近に。なんと、姉と弟は“日本舞踊”の大会に出場している

自分は落ちこぼれだと悩んでいたとき、土屋は母の言葉に救われたそう。今も大切にしている母の名言を明かす

※番組情報:『徹子の部屋
2020年10月1日(木)午後1:00~午後1:30、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事