テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

美 少年、視聴者の“温かい感想文”に涙「ドラマが終わっちゃったんだと思うと…」

美 少年主演の金曜ナイトドラマ『真夏の少年~19452020』が、9月18日(金)に最終回を迎える。

そして同日、動画配信プラットフォーム「TELASA(テラサ)」で配信中のオリジナルコンテンツ『真夏の少年ドキュメント 美 少年、○○。』も最終回。「美 少年、泣く。」と題し、ドラマの撮影を終えて数日が経った美 少年6人が集まり、撮影の思い出を語り合う。

取材と聞かされ、真っ暗なスタジオに連れてこられた美 少年の岩﨑大昇佐藤龍我那須雄登浮所飛貴藤井直樹金指一世

事情が飲み込めないまま用意されていた椅子に座ると、突然前方の大きなスクリーンに花火の映像が映し出され、その後、『真夏の少年~19452020』のメイキングをまとめた映像、さらには視聴者の皆さんからSNSに寄せられた「#真夏の少年感想文」が流れる。

次々に映し出される温かい感想文の数々に、早くも浮所の目からは涙が。「めっちゃうれしいね」「頑張ってよかった」と、静かに喜びをかみ締める。

続いて、共演者である水野美紀、長谷川京子、博多華丸らからもメッセージが寄せられ、「最終回では彼らを見ていたら自然と涙が出てきた」という華丸の言葉には、美 少年たちも感激した様子。

ドラマの名場面・名セリフを映像で振り返ると、流れる涙を拭いながら「エモいな」「うん、エモい」と彼ららしいリアクションで感動をわかち合っていた。

「この間の『ミュージックステーション』出演が『真夏の少年』関連では最後だと思ってた」と、この日の“サプライズ呼び出し”に終始びっくりした様子だった岩﨑。

那須も「ちょうどさっき、“ドラマのロケ地に行きたいね”ってメンバーと話していたところだった」と驚きつつも、うれしそうな表情を見せていた。

視聴者からの感想文に感激した佐藤は「歌やステージではなく、お芝居でも皆さんに伝わるものがあるんだなって思いました。ドラマが終わっちゃったんだと思うと、本当に寂しい…」と心情を吐露。藤井と金指も「とても楽しい夏を過ごせました」と口を揃えた。

また、撮影の3か月間の振り返り、終わった今だからこそ他のメンバーに言っておきたいクレームや感謝、初主演ドラマへの反省点など、さまざまな話題で6人は大盛り上がり。初主演ドラマの撮影で熱いひと夏を過ごした6人は、思い出話も尽きないようだった。

撮影が終わって数日経った今もまだ撮影中の習慣が抜けないという岩﨑。「朝は5時くらいに目が覚めちゃうし、夢では助監督の声が聞こえるし(笑)、思っている以上に“真夏の少年ロス”です」と素直な胸の内を明かした。

そして「TELASA(テラサ)では、これまでに独占配信してきたオリジナルコンテンツ『真夏の少年ドキュメント 美 少年、○○。』(全編)、ドラマ『真夏の少年~19452020』、第1話放送直後に地上波テレビ朝日で放送したスペシャル番組『真夏の少年presents真夜中の少年』も配信している。

※番組情報:『真夏の少年~19452020』最終話
2020年9月18日(金)午後11:15〜深夜0:15、テレビ朝日系24局(※一部地域で放送時間が異なります)

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事