テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

“BG”木村拓哉、ついに因縁の相手と直接対決!強い姿勢で“組織の黒い影”に立ち向かう

丸腰の状態でまさに“命の盾”となり、あらゆる危険からクライアントを護る民間ボディーガードの生き様と戦いを描くドラマ『BG~身辺警護人~』

6月より開始した最新シリーズでは、民間警備会社の身辺警護課に所属していた島崎章(木村拓哉)が「弱き者の盾になる」という使命を貫くために“利益優先”の組織を飛び出し、私設ボディーガードに転身。

“個人VS組織”の物語を軸に躍動の人間ドラマを紡いでいる。

7月16日(木)に放送された『BG~身辺警護人~』第2シーズン第5話では、成海璃子がゲスト出演。島崎の元同僚・沢口正太郎(間宮祥太朗)の恋人・角田凪子を熱演した。

今回島崎は、ストーカーに狙われる凪子を警護。その背後にちらつく“組織の黒い影”に全力で立ち向かった。

◆第5話ストーリー振り返り:ストーカーに狙われる沢口の恋人を護り抜く!

「KICKS CORP.」の社長・劉光明(仲村トオル)が目をかけている第一秘書・岩田一也(三宅弘城)の下でサブ秘書として働いている角田凪子(成海)が、夜道で引ったくりにスマホを盗まれケガを負った。

実は、凪子は子会社「KICKSガード」のボディーガード・沢口正太郎(間宮)の恋人。連絡を受けた沢口は、元同僚・島崎章(木村)の口利きで、かかりつけの整形外科医・笠松多佳子(市川実日子)に緊急処置を頼む。

幸い凪子は軽症で、胸をなでおろす沢口。ところが診察中、なぜか凪子が防犯ブザーを複数所持していることが発覚。島崎が問いただすと、凪子が「少し前からストーカーに狙われている」と告白したのだ。

相手は誰か分からず、沢口にも心配をかけたくなくて黙っていた、という凪子。彼女の身が心配でならない沢口は、島崎と高梨雅也(斎藤工)に身辺警護を依頼する。ところが警護中、2人は凪子が無意識に取る些細な行動に釈然としないものを感じる。

その矢先、島崎と高梨はストーカーを取り押さえることに成功する。ところが、その正体はどうにも信じがたい“意外な人物”! しかも背後には、ほかでもない劉が率いる「KICKS CORP.」の影がちらついて…。

これは、単純なストーカー事件ではない。凪子と共にストーカーと真正面から闘い、封じられた真相に光を当てようと立ち上がる島崎と高梨。

だが、行く手には“とんでもない盾”を構えた劉が泰然と立ちはだかる! しかもあろうことか、その向こう側には「KICKS CORP.」の急所ともいうべき“致命的な秘密”が隠れていた。

島崎と劉がついに直接対決へ。物語は急展開で最終局面へ突入する!

◆劉との対決も最終局面へ!“組織の黒い影”にも屈しない、島崎の強い姿勢

警護中に見つけた不審人物を、高梨が全力疾走で追いかけて確保。しかし凪子は、不審人物の正体を恋人である沢口に言いたくないと話す。

警護は中断かと思いきや、島崎と高梨はことの真相を知り、凪子とともに「KICKS CORP.」に乗り込む。そこで凪子を恐怖に陥れたストーカー犯、そして劉との直接対決をはたす

第1話から衝突してきた島崎と劉。今回は、お互い一歩も引かない手に汗握る攻防戦が繰り広げられる。

処分を受けてその場をやり過ごそうとするストーカー犯と劉に、「まだ謝罪していない!」と声を荒らげる島崎。

するとストーカー犯は「なぜ私が?社長のためにやったのに」と切り出す。その背景には、島崎と劉が対立する原因にもなった“組織の黒い影”があった。

真相が明らかになっても冷静に「浅知恵だね…」と一言つぶやく劉に、ストーカー犯は手元にあったコーヒーカップをぶちまける。その後激高したストーカー犯は割れたカップを持って凪子に襲い掛かかるも、島崎がいち早く取り押さえ、ことなきを得る。

間近にいながらも、コーヒーをかけられるのを未然に防げなかった沢口に対して「こんなもんだよな、ボディーガードなんて」と吐き捨てる劉。それを聞き、島崎は「だから、危険な目に遭わせてもいい…ですか?」と声を震わせる

劉は過去に起きた襲撃事件について明かし、「本当に銃を向けられたとしても、その前に立っていられるのか?」と、指を拳銃の形にして島崎の眉間に向ける。

島崎は動じないどころか、前に出て「いつでも、本気で盾になる覚悟はできています」と言い切るどんな相手にも屈することのない、島崎の強い姿勢を見えるシーンだ

今シーズンの見どころのひとつである島崎と劉の対決も、いよいよ最終局面へ。自身の信念を貫き、自らが盾となっても依頼人を護り抜くという覚悟をもつ島崎と、壮絶な過去からボディーガードに“憎しみ”を抱く劉、それぞれの想いがぶつかり合う。

緊迫感漂うふたりのやり取りに、見ていて圧倒された人も少なくないだろう。

そして、島崎を追い回し続ける“謎の男”。多佳子と食事をした帰り道でも出くわし、島崎が追いかけると容赦なく襲い掛かってくる。

男の攻撃にヒヤリとするも、島崎は華麗な身のこなしでかわし、睨みを利かせて「逆恨みには慣れているんだよ、もうやめろ!」と激怒。

その様子を見ていた多佳子は「あの人、どこかで見たことがある…」とポツリ。はたして“謎の男”の正体は?

※番組情報:『BG~身辺警護人~
【毎週木曜】午後9:00~午後9:54放送、テレビ朝日系24局

※動画配信プラットフォーム『TELASA(テラサ)』では、今シリーズを一挙配信中!
2018年放送分も、全話配信中!

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事