テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

『相葉マナブ』久々の1時間SP!相葉雅紀、ふるさと千葉の産地ごはんに大興奮

7月12日(日)の『相葉マナブ』は1時間SP。旬を迎えた食材をいろいろなレシピで楽しむ「マナブ!旬の産地ごはんSP」を放送する。

相葉のふるさと千葉県に向かい、採れたて新鮮な食材をシンプルに味わったあとで、地元農家の皆さんだからこそ生み出せたレシピを教えてもらい、さらなるおいしさに出会う。

相葉、澤部佑、DAIGO、高橋茂雄(サバンナ)の4人が最初に訪れたのは、千葉県の中でも有数の農業地帯として知られる八街市。以前番組で訪れたときは、生産量日本一を誇り、相葉が「僕のソウルフードです」と語っていた落花生を取り上げた。

今回は八街で落花生同様に有名で、旬真っ盛りのトウモロコシをピックアップ。生でも食べられるとのことで、相葉たちは「イエ~イ」と、まるで自由の女神のようにトウモロコシを掲げた後ガブリッとかぶりつく。

◆相葉、農家の奥さんにも質問直撃!

今回は、トウモロコシを茹でずに電子レンジで調理するパートも。

時間にして3分30秒。相葉は、待っている時間がもったいないとばかりに「最近なにかハマっていることはないか」などメンバーに聞き込みを開始する。

先陣を切った相葉がささやかなリフレッシュ法を明かすと、DAIGOは「AP!」とおなじみの“DAI語”で回答。はたして、DAIGOがハマッていることとは?

さらに、相葉は農家の奥さんにもハマッていることを直撃。その答えを聞いた瞬間、澤部は「タレントより“引き”がある!」と、意外に地味な回答をしてしまった相葉らにダメ出しを…?

楽しいトークを繰り広げながら作ったトウモロコシ料理は、簡単ながらどれも絶品! 試食のたび、「おいしい!」「さらに甘みが増している!」と、相葉らは至福のひと時を過ごす。

◆澤部渾身のボケが不発!

また、久々の1時間SPということで澤部も大張り切り!

相葉からちょくちょく振られ番組で生まれた渾身のボケ「パンケーキ食べたいな~」と「ストップウォッチボーーーイ!」を披露するのだが、現場は微妙な雰囲気に…。

澤部のボケが不発に終わるたび、「番組の中では流行っているんですよ!」と必死にフォローする相葉だが…?

※番組情報:『相葉マナブ
2020年7月12日(日)よる6:00~6:57、テレビ朝日系24局

※『相葉マナブ』は、過去の放送回を動画配信プラットフォーム「TELASA」で配信中

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事