テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

伊野尾慧、30歳の誕生日を『ミタゾノ』キャストがお祝い「大人の男になれるように…」

松岡昌宏扮する、女装した家政夫“ミタゾノさん”こと三田園薫が、派遣された家庭・家族の内情を覗き見し、そこに巣食う“根深い汚れ”までもスッキリと落としていく痛快“覗き見”ヒューマンドラマ『家政夫のミタゾノ』

同作でミタゾノの後輩家政夫・村田光を演じるHey! Say! JUMPの伊野尾慧が6月22日(水)に30歳の誕生日を迎え、撮影現場でキャストとスタッフがサプライズでお祝いをした。

ミタゾノ、舞(飯豊まりえ)とともに訪れた、依頼人の家でのシーンを終えたところではじまった伊野尾のサプライズ誕生日セレモニー。スタッフ、キャストを代表して松岡から「伊野尾慧 生誕30周年記念」とプリントされた青いTシャツを贈られ、伊野尾はその斬新なデザインにびっくりしつつもうれしそうな表情を浮かべる。「HAPPY BIRTHDAY 30」とかたどられたきらびやかな風船とともに記念撮影をすると、周囲からも大きな拍手が起こり、伊野尾もうれしそうにそれに応えた。

本来のスケジュールだと、6月の中旬にはすでにクランクアップを迎えており、伊野尾の誕生日の時期まで撮影が続いていることはなかった。しかし新型コロナウイルス感染拡大の影響で撮影が中断。そのため撮影スケジュールに遅れが生じたため、こうして伊野尾の誕生日をキャスト、スタッフで祝えた。伊野尾は「大変な時期ではありましたが、今日はとてもうれしかった」と顔をほころばせた。

30歳という節目の年を迎えたことに「少しでも大人の男になれるように頑張りたい」と伊野尾。「ドラマなどでも新しい役柄にチャレンジしていきたいと思うし、これまで好き勝手に生きてきたのでこれからは家族や周りの人のためになることもしていきたい」と、コメントを寄せた。

◆伊野尾慧コメント(全文)

僕のことを“可愛いらしい”と思ってくださる方も多いみたいなので、そういう面も残しつつ、30歳になったので男らしい面も出して、少しでも大人の男になれるように頑張ります!

本来だったらもうこの時期は『家政夫のミタゾノ』はクランクアップしていて、誕生日と撮影はかぶっていなかったのですが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で撮影も止まっていたためにこうして皆さんにお祝いしていただけたので、大変な時期ではありましたが、今日はとてもうれしかったです。

今後はドラマなどでも新しい役柄にチャレンジしていきたいですし、今までやりたいことをやらせてもらって好き勝手に生きてきたので、これからは家族や周りの人のためになることをしていきたいなとも思います!

※番組情報:金曜ナイトドラマ『家政夫のミタゾノ』第4話
2020年6月26日(金)夜11:15〜0:15、テレビ朝日系24局(※一部地域で放送時間が異なります)

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事