テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

渡辺直美も「あら胸が…」と興奮!ガテン系“Hカップ”美女、大失敗で大爆笑さそう

渡辺直美・吉村崇(平成ノブシコブシ)・青山テルマが芸能人のSNSを徹底リサーチし、有名人が“いいね”している謎の一般人がどんな人なのかについて迫る番組『あの人が「いいね」した一般人』

6月15日(月)深夜の同番組では、前回に続いてNON STYLE・井上裕介による持ち込み企画「この夏ブレイクするセクシーいいね美女SP」が放送された。

後半戦となる今回、井上の「ガテン系男子がメロメロ!“100cmの〇〇を持つ美女”」という紹介の後に自宅からリモートで登場したのは…?

100cm・Hカップのバストをもつ美女! ちとせよしのだ。

佐賀県出身の彼女はいま、女優の有村架純に似ているとSNSで話題になっており、「元カノが佐賀県出身」だという井上は気になってフォローしていたのだという。

上京する前は佐賀の鉄工所で働いていた“ガテン系女子”でもある彼女。

スタジオの吉村らから「(職場で)モテたでしょ?」と聞かれると、「下請けの鳶(とび)さんとかは結構やさしく…うふふ」と意味深な答えが返ってくる。

この回答や部屋に置いてある“きしむベッド”から、スタジオメンバーたちの想像力が爆発!

直美とテルマもあやしいイメージを膨らませて大はしゃぎするなか、ちとせは鉄工所経験を生かした特技である“高速プルプル釘打ち”を披露。

これにも、直美が「あら、胸が…エロ!」と反応するなど、手つきや音にスタジオではどんどんイメージが膨らんでいく。

続いて披露された特技は“高速水飲み”。口にくわえたペットボトルをつぶし、一気に水を飲もうとするのだが…。

見事ともいうべき大失敗をみせ、これにスタジオは大爆笑。さらに2回目、3回目の挑戦でも失敗してしまうが、この一生懸命な姿にスタジオメンバーはすっかり魅せられていた。

なお最後には、前回登場した“コスプレイヤー”火将ロシエル、“美人すぎるマジシャン”御寺ゆきも含めた3人のセクシー美女が登場! それぞれの工夫にあふれたリモート出演に注目だ。

※番組情報:『あの人が「いいね」した一般人
毎週月曜深夜1:56~、テレビ朝日系(※一部地域を除く)

※『あの人が「いいね」した一般人』6月15日の放送は、アベマTVerほかにて期間限定(2020年6月30日 01:31まで)で無料配信中

番組公式 Instagram

※動画配信プラットフォーム「テラサ」では、過去の放送回を配信中!

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事