テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

遺体の口元に残された“違和感”。特捜班の前に因縁の相手が現れ…<特捜9 season3>

井ノ原快彦主演のミステリードラマ『特捜9 season3』の第5話を、6月17日(水)に放送する。

亡くなった元女性警察官の口元に残された、ある“違和感”。自殺に見せかけた殺人事件なのか?

捜査を進める特捜班の前に現れた因縁の相手。班長も加わった捜査の先に見える真実とは!?

◆あらすじ

警視庁・特捜班で国木田誠二(中村梅雀)は自分宛の封書を見つける。差出人に見覚えのある国木田は手紙を読むと、慌てた様子で出かけてしまう。

ちょうど出先から帰ってきた浅輪直樹(井ノ原快彦)は、新藤亮(山田裕貴)から電話をもらう。新藤は早瀬川真澄(原沙知絵)に呼び出され、監察医務院に出向いていた。

直樹は真澄から、自殺した女性の遺体を解剖したところ、他殺の疑いがあると聞かされる。ところが所轄が自殺と決めつけ、真澄のいうことに耳を貸さないというのだ。自殺でなく、他殺を疑う根拠はどこにあるのか?

真澄は、遺体の口紅が女性自身で塗ったとは思えないほど雑にはみ出していたことに違和感を抱いたと告げる。詳しく調べたところ、前歯に微量の血液が付着し、さらにその血液が、亡くなった女性のものではなかったという。

直樹は、この遺体の主が竹内沙織(竹内恵美)と知り、驚く。沙織は直樹の所轄時代の先輩・門脇健司(橋本さとし)の元不倫相手で、門脇が警察を辞めざるをえなかったのも、沙織との仲が公になったからだった。

直樹から連絡を受けた青柳靖(吹越満)と矢沢英明(田口浩正)は、かつて沙織が勤務していた所轄を訪ねる。すると、不倫発覚後、署内で立場を悪くした沙織を上司が気遣っていたことがわかる。

直樹は、いまやテレビのコメンテーターとして売れっ子の門脇に電話をし、沙織が自殺したことを告げる。門脇は驚きながら、沙織とは10年以上会っていないというが…。

その直後、沙織に好意を寄せていた男性がいることが判明。沙織のアパートを訪ねた青柳と矢沢は、彼女に交際を迫っていたという和田孝雄(おおたけこういち)が不審な様子でアパート周辺を動き回っているのを目撃する。

和田を任意同行した青柳たちは、門脇に関する驚きの事実を聞かされる。

※番組情報:『特捜9 season3』第5話「10年目の殺人」
2020年6月17日(水)午後9:00~午後9:54、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事