テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

美容家・神崎恵が伝授!古い感じにならない、一気に今っぽくなる“巻き髪アレンジ”

5月15日(金)深夜に放送されたテレビ朝日のビューティバラエティ番組『BeauTV ~VOCE』では、“イマドキの巻き髪アレンジ”が紹介されました。

教えてくれたのは、大人気の美容家・神崎恵さん。数多くの女性誌に連載を抱え、イベントやメイク講座などマルチに活躍しています。

神崎さんいわく、“今っぽい巻き髪”には空気感やボリューム、崩しのテクニックにもちょっとしたコツがあるのだそう。「巻き込む位置などちょっと変えるだけで、仕上がりが驚くほど変わりますよ!」と解説します。

まずは、ストレートアイロンを使ったベースづくりから。

「ものすごくツヤのある、やわらかい弾力のあるカールができるので、ベースをストレートにしておくのはとても重要です!」と神崎さん。

トップの毛束をヘアクリップでまとめたら、アイロンをかけていきます。

少量の毛束をとってアイロンを当てたほうが、キレイなストレートになるそう。「できるだけ根元ギリギリのところから挟み込んで、下に流していきましょう!」とのことです。

このとき、うねりやすい耳まわりに注意! 顔まわりの少ない毛束は、ストレートアイロンを縦に使って挟み、縦に伸ばしていくと良いそう。

下におろした髪を全体的にストレートにしていきます。

「上の部分はペタっとなりたくないから…」ということで、ここにもコツが! 髪をアイロンで挟んだら、上に向かって抜いていきます。

トップ部分をふんわり、前髪はまっすぐ伸ばして…。これで、ベースとなるストレートヘアの出来上がりです。

続いて、カールアイロン。

「束って、細かければ細かいほどボリュームが出るんですよ。多ければ多いほど、ゆるい巻きになる」と神崎さん。1回で巻く毛束は、指2本分くらいの量にしましょう。

「下ではなく、横にしてねじります!」

ねじったらアイロンで挟んでください。このとき毛先から巻き込むと古い感じになってしまうので、中間から挟みます。

「くるっと巻き込み、トントントンと(指でおさえ板を少しずつ開きながら)横に抜いていきます!」

このとき、髪をしっかり引っ張りながら抜くのがポイント!

「引っ張られるのを感じながら、トントントントンと細かくずらしていくと、ツヤも出て、やわらかいカールができます!」とのことです。

最後に前髪。まずは、前髪を後ろから前にもってきましょう。「前髪で古くなるか、可愛くなるか、顔が変わりますよ!」と神崎さん。

カールアイロンで撫でるように挟んで伸ばします。3回ほど撫でて…今度は、根元を挟んでくるっと巻きます。

最後までテンションをかけながら、先ほどと同じ感覚でトントントンと前に抜いていきましょう。このひと手間でニュアンスが出てくるそう。

ベースをストレートにしてから巻くことで、きれいなカールになりました。

「これだけでも十分可愛いんですが、仕上げのほぐしに入っていきます!」と神崎さん。

まずは、手の指をいっぱいに開いて…それをそのまま、自分のほうへ向けて前からザクッと入れます。

そうして、マッサージをするように頭に手を入れて髪をほぐしましょう。

そのまま後ろに流してください。

左右それぞれからも、同じように手を入れてほぐします。

そして、分け目の向きに髪を流します。

こうしてカールを作ったあとにはしっかりほぐし、髪に空気を含ませることが大事。ほぐれたときには、いろんな方向にカールがいくように、同じ方向にカールができないようにするのがポイントです!

番組ではさらに、巻き髪をより美しく魅せる方法を紹介! 一気に今っぽくなる“神崎流巻き髪アレンジ”、ぜひ挑戦してみては?

※巻き髪アレンジを含むこれらのレッスンは、こちらから無料の動画で観ることができます(期間限定配信)

※番組情報『BeauTV ~VOCE』(テレビ朝日)
毎週金曜深夜1時50分~(※毎月最終週は休止)、最新話のキャッチアップ動画も無料配信中

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事