テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

野口五郎、思いがけないメッセージに号泣。食道がん闘病を支えた長女からの手紙

5月14日(木)の『徹子の部屋』には、歌手・野口五郎が登場。

©テレビ朝日

今年デビュー50周年という節目の年を迎える野口。

13歳のときに母と2人で岐阜から上京。順調に話が進むはずが、変声期をむかえデビューは遠のいた。当時岐阜に残った父が月に一度上京していたが、そのたびに「もう辞めて岐阜に帰る」と告げるか迷っていたと話す。

実は最近になって、野口がなかなかデビューができずに苦しんでいた際に父が書いたメモが出てきたという。

現在野口には自分がデビューした年齢と同じ歳になった息子がいる。息子の気持ちをお見通しだった父が綴ったメモを黒柳に披露し、「自分には父の様な振る舞いはできない」と言い切る。

©テレビ朝日

そんな野口は2年前に食道がんの手術をした。早期発見だったため、幸いにも歌手の要ともいえる声には影響はなかった。野口は、家族の支えが一番の力になったと振り返る。

さらにこの日の放送では、父の闘病を支えた18歳になる⻑女から手紙が届く。思いがけないメッセージに野口は号泣し、言葉に詰まる場面も。

※番組情報:『徹子の部屋
2020年5月14日(木)午後1:00~午後1:30、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事