テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

カズレーザー、力説!『機動戦士ガンダム』から教わる「圧倒的な作品を生む唯一の道」

過去に大きな失敗をやらかした“しくじり先生”たちが自らのしくじった経験をさらけ出し、人生の教訓を伝授してくれる反面教師バラエティー『しくじり先生 俺みたいになるな!!』

3月27日(金)に放送された特別編では、カズレーザーが国民的人気アニメ『機動戦士ガンダム』に隠された4つのしくじりを独自の視点から徹底分析。実際のアニメ映像を教材に、しくじりを招いた数々のシーンを検証する異色の授業を行った。

©テレビ朝日

『機動戦士ガンダム』は1979年に放送開始され、昨年40周年を迎えた国民的アニメ。

シリーズ作品も多く制作され、プラモデルなども大人気だが、実は放送当初は人気がふるわず、全52話予定だったのに9話も短縮され43話に…。

作品が評価されたのはアニメ放送終了後のことで、再放送を重ねるうちに人気が上昇し劇場版制作へと繋がっていったのだ。

では、なぜ最初の放送時に人気がイマイチだったのか…?

カズレーザーはその理由を、「子供たちが期待していたような爽快感あふれるロボットアニメではなく、ストーリーが“激ムズ”だったから」と指摘。「ガンダムのストーリーを理解している人は日本に4人ぐらいしかいません!」と断言する。

「ファンの中でも論争が起きるぐらい」ストーリーも難しいうえに登場人物も多く、当時の子供たちをポカンとさせてしまったのだと説明した。

©テレビ朝日

授業では、当初不人気だった“4つのしくじり”をカズレーザーがひとつずつ解説。

ひとつ目は、「主人公を愛せない」こと。アムロは従来のロボットアニメの明るい主人公と違って“超ネガティブ”。回を追うごとに性格が歪み、陰で上司の悪口を言いまくるように…。

また、天狗になったアムロは上司に逆ギレして殴られ、「親父にもぶたれたことないのに!」という名ゼリフを吐き出す。さらに、アムロは上司が自分の行動を非難するのを盗み聞きし、ガンダムに乗って失踪するという仰天行動を取ったことも…!

青臭く、自分勝手な言動の多いアムロは、子供たちの支持も薄かったのだと分析する。

2つ目のしくじりは、「必殺技がない」。それまでのロボットアニメでは主人公が必殺技の名を叫んで攻撃するのがお約束だったが、アムロの叫び声といえば「うわああ~!」などリアルで地味なものばかり。

カズレーザーは、そのリアルな描写の背景にはスタッフの強い志があったことを紹介。作品のテーマは、「人間はなぜ戦争をするのか」であり、スタッフは「戦争を語るならリアリズムがなければ」という高尚な思いを持って制作していたのだ。

◆ガンダムが「活躍しない」回

そして3つ目のしくじりが、「ガンダムが全く活躍しない回が結構ある」

なかでもファンが“神回”と崇めるのが、第15話『ククルス・ドアンの島』。これは、ジオン軍の脱走兵ドアンが、戦争に加担した罪悪感から島で戦争孤児を育てる…という重い話。当時の子供たちは「この回、何が言いたいの?」と困惑するばかりだったが、今では「学びの多い回」として高い評価を得ている。

ほかにもガンダムが活躍しない印象的な回として、カズレーザーは「行方不明の父とアムロが再会する」場面などを紹介。「この作品が描きたかったのは“人間”。ガンダムが登場しない回こそ、ガンダムっぽい」と解説した。

©テレビ朝日

最後にあげるのは、「アムロの宿敵、シャア・アズナブル」のしくじり。シャアは、今でこそ女性人気の高い看板キャラだが、放送当初はその魅力が伝わらない存在だった。

シャアが第1話で残したのが、「認めたくないものだな…自分自身の若さゆえの過ちというものを…」という捨てゼリフ。喜怒哀楽すら伝わらないこのセリフに、子供たちは混乱。しかも、シャアは窓際部署に左遷され、第13~25話までの間ほとんど登場しないという扱いを受けていたことも明かされた。

◆「既存の成功例を追わないことが…」

授業の最後、カズレーザーは、『機動戦士ガンダム』が40年経った今でも愛されているのは、「この4つのしくじりがあったから」だと力説。

そこから、「既存の成功例を追わないことが圧倒的な作品を生む唯一の道である」という教訓を見出すことができると話す。

また、リアルにこだわる『機動戦士ガンダム』にも1点だけリアルではないところがあると語たった。それは、「最後に戦争が終わる」こと。現実世界では常にどこかで戦争が起きているが、『ガンダム』シリーズは必ず、戦争が終結して幕を閉じる。

「ガンダムは、“戦争が終わるまで”を描いた作品。そこには“人間は愚かで戦争を繰り返す”という面と、“人間は捨てたものじゃない、という魂の不屈を讃えるメッセージ”が込められている」と、世界が未曽有の危機に揺れている今、カズレーザーはそんな力強い言葉で名作を称賛し授業を締めくくった。

©テレビ朝日

なお、地上波放送直後からお送りしている「Abemaビデオ」では、カズレーザー先生の授業の“完全版”を配信。今回の授業完全版は、1週間にわたって無料配信されている。

※番組情報:『しくじり先生 俺みたいになるな!!
毎週月曜日 深夜 0:15~深夜0:45、テレビ朝日

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事