テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

高嶋ちさ子、心境の“変化”「息子がこういう人になって欲しいなって…」

華麗なる家庭で育ち言いたいことを遠慮なく口にしちゃう、石原良純、長嶋一茂、高嶋ちさ子の3人が、いま世間をザワつかせている社会現象についてトークを繰り広げる『ザワつく!金曜日』。

3月27日(金)に放送される同番組の3時間SPでは、「100年後に残したい日本のスゴい」をテーマに、日本各地のスゴいもの、スゴい人、スゴい技をたっぷりと紹介していく。

©テレビ朝日

ザワつくトリオの3人がさっそくザワついたのが、82歳の社長が私財を投げ打ち25年をかけて商品化に成功したというスゴい新素材。

ある固体のものを液体化したものだが、それを塗った木材は燃えにくくなり、さらにコンクリートよりも耐久性がアップする可能性もあるそうだ。

◆「なんか変わったね、ちさ子ちゃん」

驚きのVTRを見たザワつくトリオは、口を揃えて「素晴らしい!」と大絶賛。

良純が「コンクリートは5、60年で壊れることがわかってきたからね」と言うと、それを受けた一茂は「この液体を塗ったらどれぐらいもつのかわからないけど、おそらく強度も上がるのだと。そうすると火災保険も変わるね」と革命的な開発であることを強調する。

さらに一茂は「地震で命を落とすのは火事が原因となることが多い。火事にならなければ助かる命が今までより多くなるとなれば、地震大国の日本だったら全国に普及しますよ。ですから社長!なんとかお近づきに!」とカメラ目線でなぜか自己PR。

これにはサバンナ髙橋から「代理店やりたいんか!」と突っ込まれる。

一方、ちさ子は「息子がこういう人になって欲しいなって思う。人の役に立つ仕事をしてほしいです」と母親らしいコメントを。

©テレビ朝日

一茂から「なんか変わったね、ちさ子ちゃん」と指摘されると、ちさ子は最近になって心境の変化があったらしいとのこと。

とはいえ、一茂から「往復はがきのサインを書いていると、ちさ子ちゃんの毒舌が楽しいって声が多いんだよ」と言いつつ、ちさ子が番組でしばしば見せる“ある表情”をリクエストする。

※番組情報:『ザワつく!金曜日』100年後に残したい日本のスゴいSP
2020年3月27日(金)午後7:00~午後9:48、テレビ朝日系24局(※一部地域を除く)

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事