テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

浜辺美波、MCとしてロケを回す11歳の野菜博士に脱帽!「言葉の説得力が違う…」

オトナ顔負けの知識やスゴイ才能を携えた子どもたちが“博士ちゃん”(先生役)として出演し、世界でひとつだけのオモシロ授業を行う大好評バラエティー『サンドウィッチマン&芦田愛菜の博士ちゃん』

©テレビ朝日

3月7日(土)に放送される拡大スペシャルでは、新企画「出張!教えて博士ちゃん!」が登場。小学6年生の“マイナー野菜博士ちゃん”が、浜辺美波と東京・銀座のアンテナショップめぐりに出かける。

◆浜辺美波「まだ小6なんだ…」

同企画で出張授業をしてくれるのは、“マイナー野菜博士ちゃん”の緒方湊(おがた・みなと)くん、11歳。

湊くんは野菜に関してズバ抜けた知識を持ち、難関といわれる“野菜ソムリエプロ検定”に史上最年少10歳で合格。昨年12月放送の同番組では、“マイナーだけどおいしい野菜”について授業してくれた。

小学生でありながら茨城県のPR大使に就任し、講演会やCMにも出演。もはや“博士ちゃん”というより、“みなとプロ”と呼ぶべき存在となっている。

©テレビ朝日

今回、そんなみなとプロに願いをかなえてもらうのは、土曜ナイトドラマ『アリバイ崩し承ります』で主演を務める浜辺美波。

「野菜が大好き」という浜辺のため、みなとプロが東京・銀座にある各県のアンテナショップを案内。おいしいマイナー野菜の買い方や食べ方を徹底授業することになった。

みなとプロは今回、自らMCも担当。冒頭、「いま大活躍中のスペシャルゲストに来ていただいてます!」と浜辺の“呼び込み”から完璧に行うみなとプロに、浜辺は「まだ6年生なんだ…。シッカリしてるなぁ…」とオドロキの表情を浮かべる。

さらにみなとプロは、どのショップの撮影でも自ら段取りを考え、おいしい野菜の選び方、野菜に最適な調理法までレクチャー。浜辺は、「スゴイ!(ロケを)回してくれる」「勉強になります」と脱帽するほかない。

また試食の場面では、こだわりの味わい方まで伝授するばかりか、詳細な食レポをとうとうと語るみなとプロ。浜辺はもはや、「(私の)倍しゃべってくれる!」「言葉の説得力が違う…」とみなとプロをリスペクトする。

“浜辺美波×みなとプロ”のアンテナショップ珍道中は、爆笑必至だ。

 

※番組情報:『サンドウィッチマン&芦田愛菜の博士ちゃん
2020年3月7日(土)午後6:30~午後8:54、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事