テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

所ジョージも固唾をのむ!『ポツンと一軒家』捜索隊、車幅ギリギリの山道に悪戦苦闘

日本各地の人里離れた場所に、なぜだかポツンと存在する一軒家。衛星写真だけを手がかりにその地へと赴き、一軒家の実態を徹底調査しながら人里離れた場所にいる人物の人生にも迫っていく番組『ポツンと一軒家』。

©ABCテレビ

2月16日(日)に放送される同番組には、スタジオゲストとして高橋克典とすみれが出演。宮崎県にあるポツンと一軒家が登場する。

◆所ジョージ「ずっと道が傾いていますよ!」

宮崎県の北部、山の奥深くに一軒家を発見。

衛星写真で確認すると切妻屋根が印象的な建物があり、近くには黒いビニールハウスのようなものも確認できる。

所ジョージが「敷地も広いし、手広く何かやってそうですね」と話すと、高橋は「畜産農家かな?」と衛星写真を凝視。すみれは「宮崎といえばフルーツが有名なので、マンゴーとか」と一軒家での暮らし方を予想する。

©ABCテレビ

山に囲まれてはいるものの、広く開けた最寄りの集落は、景色も雄大だ。

捜索隊は道端で見つけた男性に声をかけ衛星写真を見てもらうことに。すると、その建物のことをかなり詳しく知っている様子で、案内役も買って出てくれた。

しかし、「ここから先の道は険しいから、軽トラック(のサイズ)じゃないと厳しいですよ」と捜索隊の普通車を見て警鐘を鳴らす。「気をつけてついていきます!」と捜索隊は、男性の軽トラックを追う。

集落から山道に入ると道の様子が一変。

落ち葉の積もった急勾配の山道で、「滑りそう!」と慎重にハンドルを切る捜索隊。しかも、その先の道は車幅ギリギリで、下を見下ろせば深い谷底になっている。さらに、がけ崩れの跡が生々しく残っており、捜索隊の運転する普通車のサイズでは、道が崩れてしまいそうな場所もいたるところに!

スタジオでは所や林修も「ずっと道が傾いていますよ!」と固唾をのみながら、その道程を見守る

一軒家へとたどり着くだけで、かなりの労力を使いそうな深い山の中だが、果たしてこの山奥にあるポツンと一軒家では、どんなドラマがあるのだろうか?

※番組情報:『ポツンと一軒家
2020年2月16日(日)午後7:58~午後8:56、ABCテレビ・テレビ朝日系列にて全国ネット

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事