テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

高嶋政伸、いま改めて認識する父・忠夫さんの偉大さ。息子にも伝えたい「父の姿」

2月10日(月)の『徹子の部屋』には、近年、悪役や個性的な役柄でも定評を得ている高嶋政伸が登場する。

今回は6年ぶりとなる出演で、結婚し子どもが誕生したことを黒柳に報告するとともに、昨年6月に他界した父・高島忠夫さんへの想いを語る。

©テレビ朝日

3年前、50歳でパパになった政伸。初孫と対面し嬉しそうな父・忠夫さんの写真も公開する。そして亡くなる数日前、政伸の家族と過ごしていた父の様子も明かす。

©テレビ朝日

また、今改めて父のその偉大さを再認識しているが、自身の息子にも伝えたい“父の姿”があるという。

政伸は、子どもが生まれてから突然「詩」を書くようになったそう。なかには、父亡き後ふいに思い出した“父の歌”について綴られた一編もある。

その「歌」に込められた父の気持ちに想いを馳せたとき、政伸が考えたことも語る。

※番組情報:徹子の部屋
2020年2月10日(月)正午~午後0:30、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事