テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

内藤剛志主演、新刑事ドラマ『全身刑事』 内藤は“変なタイトルだけど”お気に入り!

本日2月2日(日)、内藤剛志主演の新・刑事ドラマ『全身刑事』が放送される。

©テレビ朝日

数々の名刑事を演じてきた内藤が新たに演じる主人公・名瀬裕太郎(なぜ・ゆうたろう)は、「なぜ?」を子供のように連発し人々の心の闇に迫る刑事。

頭のてっぺんからつま先まで刑事ということで“全身刑事”だが、このタイトルを内藤は非常に気に入っているようで、「“変なタイトルだけど、どんなドラマなのかな”と思って見ていただいて、見終わった後に“なるほど”と得心してもらえたらうれしいですね」とコメントしている。

©テレビ朝日

◆あらすじ

学生時代、“伝説のクイズ王”として鳴らし、歴代トップの成績で警察庁に入った海東隼人(笠松将)は、その雑学知識を事件捜査になかなか応用できず、修行のために神奈川県警へ出向。

そんな海東が神奈川県警に来て初めての殺人事件が発生し、県警捜査一課の紋田伊代(中山忍)とともに臨場する。

被害者は輸入雑貨販売会社の経営者・九条佑香(鳥居かほり)で、ハンマーで後頭部を殴打され殺害されたようだった。

凶器のハンマーは、消防士が人命救助の際に用いるものと判明。遺体の両手親指の先に、7色のクレヨンらしき塗料がまだらに付着していたのが謎だった。

被害者の通話記録から、佑香が度々、電話でクレームをつけていた消防士・佐村依宏(尾美としのり)の存在が浮上する。

佐村は捨て身の人命救助で幾度も表彰を受けてきた“伝説の消防士”とよばれる男だったが、消防署の近くに住んでいた佑香は「訓練の声がうるさい」などと、度々、彼に文句をつけていたという。しかも、どうやら佐村はハンマーを失くした様子。怪しんだ海東は、ためらうことなく佐村を連行する。

©テレビ朝日

ところが直後、海東は捜査本部を置いた山手中央署の署長・羽倉樫弥(古田新太)に呼び出され、ベテラン刑事を捜査に加えると告げられる。

現れたのは、総務課の備品管理課・名瀬裕太郎(内藤剛志)。海東は備品管理係に何を教われというのかと反発するが、羽倉によると名瀬は1年間の休職を経て備品管理課に異動するまで、人生のほとんどを刑事として過ごしてきた男。

つまり頭のてっぺんからつま先まで“全身そのものが刑事”といっても過言ではない人間だというのだ。

仕方なく、その”全身刑事”名瀬とともに佐村の取り調べを行うことにした海東。

だが、名瀬は佐村を取り調べる海東に対し、「なぜお前はそう思うのか?」「なぜそれで佐村の犯行になるのか?」など、「なぜ?」「なぜ?」を連発。しかも、佐村は何を問われても黙秘を貫きとおすばかりで、海東はすっかりペースを乱されてしまう…。

©テレビ朝日

その後、佐村の部下・円城萌恵(三津谷葉子)や樋本香緒里(中村ゆりか)らの証言で、事件当夜、佐村は夜通し秘伝のカレーを煮込んでいたことがわかる。

しかし、なぜ佐村はカレーを煮込んでいたという自らのアリバイを黙っているのか…!? そんなとき、佐村に香緒里に対するパワハラ疑惑が浮かび上がり…!?

©テレビ朝日

※番組情報:ドラマスペシャル『全身刑事』
2020年2月2日(日)午後9:00~午後11:05、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事