テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

元ゴールドマン・サックスの外国人芸人!来日のきっかけは…高田純次を「理解できなかった」こと

激レア”な体験を実際にした「激レアさん」をスタジオに集め、その体験談を紐解いていく番組『激レアさんを連れてきた。』が、1月25日(⼟)に放送される。

今回は梅沢富美男と佐藤栞里をゲストに迎え、「アメリカの天才IT少年だったのに、高田純次のせいで親に内緒で日本の芸人になった人」こと超新塾・アイクぬわらを紹介していく。

©テレビ朝日

『おはスタ』に出演するなど、ピンでも活躍し人気を集めているアイクさんは、ニューヨーク生まれシアトル育ちのアメリカ人。そして実は、9歳でITに目覚め独学でパソコン本体を手作りしたこともある、“天才IT少年”だった。

どんな難解なものもすぐ理解する天才少年だったアイクさんは、IT系の大学に入学するも、学年を2年飛び級。これには「そんなことあるの?天才だ…」とオードリー若林正恭も驚く。

©テレビ朝日

そんなアイクさんはあるとき、日本のDVDを売っている店で『たけしの元気が出るテレビ』を発見。

寝ているターゲットの横で高田純次がバズーカ砲をぶっ放して起こす「早朝バズーカ」という企画をみた“天才”アイクさんは、「理解できなかった」と“人生初の理解不能な事象”に衝撃を受ける

この出来事から「日本のお笑いを理解したい!」と考え始め、ダウンタウンやくりぃむしちゅーのDVDも鑑賞。さらに熱い思いが芽生え、日本で芸人になることを決意したと話す。

©テレビ朝日

日本に到着すると、日本語が話せないアイクさんは、さっそく壁にぶつかることに。それを乗り越えた後も、困った出来事が起こるが、一流企業であるゴールドマン・サックス証券に就職。サラリーマンをしながらお笑い芸人を目指す。

加えて、お笑い芸人になる転機となった“ある俳優”との出会いや超新塾のオーディション、現在抱いている夢についても語っていく。

※番組情報:『激レアさんを連れてきた。
2020年1月25日(土)22:10~23:10、テレビ朝⽇系24局(※⼀部地域で放送時間が異なります)

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事