テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

稲本、松井、駒野…『やべっちF.C.』フットサル対決に元五輪代表レジェンドが集結!

『やべっちF.C.』毎年恒例の年末1時間スペシャル。12月22日(日)に放送される同番組は、東京オリンピック前年となる2019年最後の生放送ということで、テーマはズバリ「東京オリンピックを全力で盛り上げる!」。

2020年1月8日(水)に開幕する「東京五輪アジア最終予選」へ向け、年末SPで恒例となっているフットサル対決に過去のオリンピックに出場したレジェンドが集結する。

©テレビ朝日

矢部浩之・中山雅史・中田浩二と現役Fリーガーらによる“やべっちF.C.チーム”と激しい戦いを繰り広げる“オリンピックALLスターズ”として出場したレジェンドは、稲本潤一(シドニー五輪出場)、松井大輔、駒野友一(アテネ五輪出場)、豊田陽平(北京五輪出場)、宇佐美貴史(ロンドン五輪出場)など。

これまで強敵を撃破してきた“やべっちF.C.チーム”は、今回もレジェンドたちに一泡吹かせようと奮起。サッカー経験者の矢部も笑いを忘れて高度なテクニックを披露し、五輪レジェンドたちに果敢に挑んでいく。

最後に笑うのは、オリンピックALLスターズか、それともやべっちF.C.チームか?

◆矢部浩之「今年は疲れたー」

矢部は、例年になく激しい点の取り合いとなったオリンピックALLスターズとの試合後、開口一番「今年は疲れたー」と感想。

「宇佐美選手がフルで出場して(試合に)テンポがありましたから。前線に残っている僕がしんどかったということは、ディフェンスの選手はもっとキツかったと思いますけど(笑)」と話す。

中田浩二も、「もう少しふわっときてくれるかと思っていたんですが、最初から向かってき たので、いつもと違うと思いながらやっていました。攻守の切り替えも速い。いつもならゆ っくりと守備に戻るのに、今回はみんなが素早く戻っていて結構キツかったですね。でも楽 しかったです」と、例年以上の激戦を振り返った。

さらに矢部は、「稲本選手と松井選手が、前線にいる僕にとっては嫌なポジションに立っているんですよ」とレジェンドの何気ないプレーを評価。

中田が「(味方のGKが)上に投げると外に出ちゃうし、下へ投げると取られるような嫌なポジションでしたね」と同調すると、矢部も「きちんと計算しているんでしょうね。GK が投げるのを躊躇するような場所に立っていた。うまいなぁと思いましたね」と付け加えていた。

2人が口を揃えて「今日のレベルは高かった」と振り返るフットサル対決に注目だ!

※番組情報:『やべっちF.C.〜日本サッカー応援宣言〜』東京五輪最終予選直前スペシャル 
2019年12月22日(日)深夜0:00~0:55放送、テレビ朝日系

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事