テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

ドラえもん“世界初”のオフィシャルショップ「ドラえもん未来デパート」がお台場に誕生!

12月1日(日)、東京・お台場のダイバーシティ東京プラザ 2Fに「ドラえもん未来デパート」がオープンした。同店は、ドラえもんの“世界初”のオフィシャルショップだ。

また11月29日(金)からは、ダイバーシティ東京正面入口プラザ前において“仕掛け時計”が公開されている。(写真は©藤子プロ)

2020年に“生誕50周年”を迎えるドラえもん。

その記念プロジェクトの幕開けとして登場したのが、50年の歴史の中で初めてのオフィシャルショップとなる「ドラえもん未来デパート」だ。

ここにしかない様々なオリジナル商品の買い物が楽しめる「ショップゾーン」、作品に登場するひみつ道具を使ったアミューズメントが楽しめる体験型アトラクションエリア「ひみつ道具ラボ」、そして世界にひとつだけのオリジナルグッズを作ることができる「カスタマイズゾーン」の3つのエリアから構成されている。

作品としての「ドラえもん」同様、年齢や性別を問わず誰もが楽しめる店舗だ。

また、11月29日(金)よりダイバーシティ東京正面入口前に設置される「ドラえもんタイムスクエア presented by 水と生きるSUNTORY」は、7つのスクエア(四角)が積み重なった造りになっており、一番上にはドラえもんをモチーフにした時計が設置されている。

時計には作中にも登場するドラえもんの様々なひみつ道具を使った特別な演出が散りばめられ、昼と夜で異なるバージョンの仕掛け時計を楽しめるほか、ドラえもんやのび太らと一緒に写真が撮れるフォトスポットとしても訪問者を出迎える。

◆オフィシャルショップ「ドラえもん未来デパート」

1:「ショップ(物販)ゾーン」

ショップでは、ここでしか手に入らない「ドラえもん未来デパート」限定商品を始め数々のドラえもんグッズが取り揃えられ、世界で最も多くドラえもんに関する書籍を取り扱うショップともなっている。

 

 

2:「ひみつ道具ラボ」

「ひみつ道具ラボ」は、ドラえもんのひみつ道具をテーマにした「遊び体験」ができるコーナー(空間)。

タケコプターで空を飛んでるような体験ができたり、どこでもドアを開けると好きな場所に移動できたり、バイバインを使ったアミューズメントなど、ドラえもんの世界観を体現した空間を存分に体感することができる。

3:「カスタマイズゾーン」

カスタマイズゾーンでは、「ドラえもん未来デパート」でしか手に入らない、世界にひとつだけのオリジナルグッズを作ることができる。家族や友人、大切な人との“お揃い”グッズやプレゼントにも最適だ。

◆仕掛け時計「ドラえもんタイムスクエア presented by 水と生きるSUNTORY」

仕掛け時計の壁は、ドラえもんやひみつ道具をテーマにデザインしたレリーフのほか、レンガを敷き詰めた部分はドラえもんがこちらを覗いている仕様となっている。

この「ドラえもん タイムスクエア」は、10時から23時までの毎正時になるとアニメの主題歌である星野源『ドラえもん』が流れ、中央のカーテンからドラえもんのひみつ道具「ムードもりあげ楽団」が楽しい音楽を奏でる。

終盤には、時計横の窓から“何か”が出てくる仕掛けも用意!

10時から18時までは楽しくアップテンポな楽曲に合わせた仕掛けが楽しめ、19時以降はゆったりとしたムーディーな楽曲での仕掛けが待っている。ぜひ、2つの顔を持つ「ドラえもん タイムスクエア」を堪能したい。

さらに時計の左右では、ベンチに座ったドラえもん、のび太、しずかが来場者をお出迎え!一緒にベンチに座って写真撮影を楽しんでみては?

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事