テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

檀れい、セーラー服姿を披露!「きっと健気に見えると思います(笑)」

時効になった事件を“趣味”で捜査する男・霧山修一朗(オダギリ ジョー)が、名(迷)助手・三日月しずか(麻生久美子)とともに未解決事件の謎に挑むシュールな脱力系コメディーミステリー『時効警察はじめました』

11月29日(金)に放送される同作の第7話(脚本/田中眞一、監督/今泉力哉)には、檀れいがゲスト出演する。

©テレビ朝日

『時効警察』シリーズでは、“回想シーンを本人が演じるルール”が存在。

そこで、洗練された美で人々を魅了する檀に、“おさげ髪&メガネが垢抜けなさを助長するセーラー服姿”“フリッフリ&ぶりっぶりのドレス&一昔前感に身を包んだアイドル時代の姿”で回想シーンを演じてもらうことに。

檀自身も「特典として(笑)、セーラー服姿とアイドル姿も見ていただけたら、うれしいです」と呼びかける衝撃ビジュアルに注目だ。

◆檀、臆せず「久しぶり」のセーラー服を堪能!

©テレビ朝日

檀が演じるのは、一発屋歌手の夫・蝙蝠ユキオ(前野健太)が殺された時効事件で、霧山から怪しまれる妻・桃瀬多恵子。「開運メガネ」なる商品を売るカリスマ女社長にして、“健気に支えてきた夫に13股をかけられていた”という逸話も持つ自称・ツイてない女だ。

この多恵子の健気さが随所に垣間見られるのが、檀の衝撃ビジュアル&夫との出会いエピソードで幕を開ける回想シーン。

臆せず大胆に扮装し、大真面目に健気な女子を演じてくれた檀は「カツラをかぶって、セーラー服を着て…というところから回想が始まっていますので、きっと健気に見えると思います(笑)セーラー服も本当に久しぶりで(笑)、この年齢になって着るとは思っていませんでしたけど、それもあえて楽しんで着させていただきました」と笑顔で振り返った。

◆第7話あらすじ

©テレビ朝日

最近ツイてない三日月しずか(麻生久美子)は、うっかり霧山修一朗(オダギリ ジョー)のメガネまで壊してしまって大焦り。そんなとき、新人刑事・彩雲真空(吉岡里帆)らが大流行中だという「開運メガネ」をかけ、「効果絶大らしい」と勧めてきた。

ビビッときた三日月は霧山に「買いに行こう」と誘いかけるが、霧山は微妙な反応…。ところが、この開運メガネを売り出した「桃瀬メガネ」のカリスマ社長・桃瀬多恵子(檀れい)が“ある時効事件”と関係がある人物だと聞くや俄然、興味を示しだす。

その時効事件とは…桃瀬の夫で、メガネがトレードマークの一発屋歌手・蝙蝠ユキオ(前野健太)が、ワンマンライブの開始直前に殺された事件。現場には「犯人はメガネ」という血文字のダイイングメッセージが、そして蝙蝠の胸にはつなぐと平行四辺形になる“奇妙な4つの穴”が残されていた。

©テレビ朝日

だが、凶器が特定できないばかりか、疑わしき関係者は全員メガネをかけており、捜査は難航。当時はメガネをかけていなかった多恵子には疑いがかかることもなく、事件は時効を迎えてしまっていた…。

この事件を“趣味”で調べることにした霧山は、三日月とともに多恵子のもとへ。多恵子は自分のことを「本当はツイてない女」と言い、実際に目の前でツイてない出来事が多恵子に次々と降りかかる。だが、霧山はどうにも懐疑的で…。

そんななか、蝙蝠が売れてから調子に乗り、健気に支え続けてきた多恵子という妻がいるにもかかわらず、愛人を12人も作る“13股ライフ”を満喫していたとの証言が浮上! さらに多恵子とは別に、被疑者となりうる人物も新たに浮かび上がってくる。そんななか、鑑識課の又来康知(磯村勇斗)が“ある場所”に“意外な人がいる”と、霧山に電話を寄越し…!?

※次回放送情報:『時効警察はじめました』第7話
2019年11月29日(金)午後11:15~深夜0:15放送、テレビ朝日系24局(※一部地域を除く)

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事