テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

『仮面ライダーゼロワン』“謎の男”の正体が判明!敵か味方か、第三の勢力か?

AI=人工知能をテーマに、主人公の飛電或人(高橋文哉)ら人間たちと、人型AIロボ・ヒューマギアを暴走させ人類滅亡を企むテロリスト滅亡迅雷.netとの攻防を描いてきた『仮面ライダーゼロワン』

11月10日(日)放送の第10話では、そんな戦いに新たに深く関わるキャラクターの全貌がついに明らかになった。

これまでにも対人工知能特務機関A.I.M.S.(エイムズ)の技術顧問であり、仮面ライダーバルキリーに変身する刃唯阿(井桁弘恵)に密かに指示を送っていた謎の男。

唯阿は、仮面ライダーゼロワンに変身する或人やエイムズの隊長にして仮面ライダーバルカンに変身する不破諫(岡田龍太郎)とともに滅亡迅雷.netと戦ってきたが、その“謎の男”の指示で或人や或人が社長を務める飛電インテリジェンスを窮地に陥れるような行動をとってきた。

そんな唯阿を陰で操ってきた“謎の男”は、これまで後ろ姿や手の動き、声などは確認できていたものの、どのような人物なのかはっきりとは登場してこなかったが…。

その“謎の男”が、10日(日)放送の第10話でついに姿を現した。その名は天津垓(あまつ・がい)。俳優の桜木那智が演じている。

10話の冒頭では、滅亡迅雷.netがヒューマギアをハッキングするために使用するゼツメライズキーを集めるよう唯阿に指示し、同じく10話の最後では飛電インテリジェンスを崩壊へと導くことを望むかのような発言もしている。

その一方で、唯阿にバルキリーをパワーアップさせるプログライズキーを与え、滅亡迅雷.netの壊滅を指示。或人たちと同じく、滅亡迅雷.netを倒すことを目的にしているようだ。

或人の敵なのか、味方なのか。『仮面ライダーゼロワン』のこれまでの戦いの図式の中では、まさに“第三勢力”と言っても良い存在のようでもある。

唯阿との関係も含め、垓が何者で、これからの「ゼロワン」の戦いにどのように絡んでくるのか。桜木那智演じる垓の登場とともに新展開に突入する『仮面ライダーゼロワン』に注目だ。

※桜木那智(天津垓 役) コメント
「『仮面ライダーゼロワン』で天津垓役を務めさせていただくことになりました、桜木那智です。子供のころから憧れていた大好きな仮面ライダーに出演できること、また天津垓として生きられることにワクワクしています。

夏には撮影に入っていたのですが、解禁できない間、『早く言いたい!』とずっと思っていたので、ようやく皆さんにお伝えすることができて嬉しいです。

怪しさ満点の天津垓がこれから物語にどう影響していくのか必見です! 応援よろしくお願いします!」

※番組情報:『仮面ライダーゼロワン
【毎週日曜】あさ9:00~9:30放送、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事