テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

長嶋一茂、自宅の“リアルな寝室事情”を暴露「ベッドが4つあって…」

石原良純、長嶋一茂、高嶋ちさ子の“ザワつくトリオ”が、世のなかをザワつかせる話題を斬りまくる『ザワつく!金曜日』

11月1日(金)の同番組では、長岡のマダムキラーのニックネームを持つ若手演歌歌手・中澤卓也の生誕祭に密着したVTRを放送。そこから“ザワつくトリオ”が議論を繰り広げた。

©テレビ朝日

VTRには中澤に声援を送る多くのマダムたちの姿も映し出されていた。それを見た一茂は「こういう方たちは子供も成人して孫もいる。夫のポジションが下がって来ているんだろうね」と持論を展開。そこからトークは夫婦の関係性についての話題に。

一茂は、妻のなかで自分のポジションが下がってくる可能性もあるが仲は良いとし、現在も「同じ寝室で寝ている」と明かす。しかし実際は「ベッドが4つあってその端と端に寝ている。ベッドを2つ挟んでいる」と“リアルな寝室事情”を暴露。すると、良純は「なんで4つ並んでいるの?」と不思議がり、サバンナ高橋は「あいだの2つは…?」と困惑。

そんな彼らに一茂は「(間の2つは)娘2人のベッド。でも2人とも別に部屋があるから」と説明した。

©テレビ朝日

また一茂の妻は韓流スターにハマっているそうで、そのことについては「ママが韓流の若い子を追っかけてくれたら俺はすごく嬉しい」と発言。またちさ子も、夫が日本の女性2人組メタルダンス・ユニットBABYMETALのライブに頻繁に足を運んでいることに対し「そのときだけは、すごく生き生きしてる。ほかの時は死んでいるみたいだから『行ってこい!行ってこい!』って思う」と肯定していた。

※番組情報:『ザワつく!金曜日
毎週金曜日 よる7:00〜、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事