テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

“いいとも”で一世を風靡した工藤兄弟、大転落人生の原因は「双子ネタ拒否」

過去に大きな失敗をやらかした“しくじり先生”たちが自らのしくじった経験をさらけ出し、人生の教訓を伝授してくれる反面教師バラエティー『しくじり先生 俺みたいになるな!!』

11月4日(月)放送の同番組には、元“いいとも青年隊”の工藤兄弟が登場。「恵まれた環境でウキウキWatchingしてたら沈んじゃった先生」として授業を行う。

©テレビ朝日

『笑っていいとも!』の番組テーマ、『ウキウキWATCHING』を歌い踊りながら教室に登場した工藤兄弟。一卵性双生児である2人は、今から27年ほど前、8代目“いいとも青年隊”として活躍した。

しかし47歳の現在、メディア露出はほぼゼロで、“あの人は今”状態。

2人は、そんなしくじりを引き起こしたのは 「自分たちがいかに恵まれた環境にいるのかまったく気づいていなかったから」だと猛省する。

◆デビュー後わずか半年で“いいとも青年隊”に抜擢

工藤兄弟は当時、芸能界では双子が珍しかったがゆえに、ホリプロタレントスカウトキャラバンに合格。しかも事務所に所属してわずか半年で“いいとも青年隊”に抜擢されたため、「芸能界ってちょろい」と錯覚したという。

共演した先輩たちにかわいがられ、六本木界隈ではどの店に入っても“顔パス”かつタダで遊ぶことができたそう…。そんなスーパースター気取りの超バブリーな生活に、生徒たちは驚愕だ。

©テレビ朝日

しかしその後、自分たちを個人として見てくれない“双子押し”の仕事にストレスを感じはじめ、ついには“双子ネタ”での出演を完全拒否! その結果、彼らを待ち受けていたのは大転落人生だった。

◆恵まれた環境を勘違いしない教訓を伝授

現在は、幼児向けの体操教室を設立し活動している工藤兄弟。最後は、今の環境に不満を持っている人たちに向けて、自分たちがしくじりから学んだ人生の教訓を真摯に伝える。

現在の環境から、もう1ステージ上がるために大切なこととは…? 恵まれた環境なのに文句ばかりを口にして、自分の居場所を失わないための教訓は必見だ。

©テレビ朝日

また地上波放送直後、深夜0時45分からお送りする「Abemaビデオ」では、工藤兄弟による授業の“完全版”をオンエアする。

さらに、大好評オリジナル企画『お笑い研究部』も。今回は、野沢雅子のモノマネで人気のコンビ・アイデンティティが“食レポ”の際のキャラの活かし方について勉強する。

※番組情報:『しくじり先生 俺みたいになるな!!
2019年11月4日(月)深夜0:15~深夜0:45、テレビ朝日

※AbemaTVの完全版は、深夜0:45から「Abemaビデオ

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事