テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

村西とおるが挑戦する人へ送ったエールに拍手喝采!「死にたくなったら下を見ろ…」

過去に大きな失敗をやらかした“しくじり先生”たちが自らのしくじった経験をさらけ出し、人生の教訓を伝授してくれる反面教師バラエティー『しくじり先生 俺みたいになるな!!』

10月21日(月)に「テレビ朝日×アベマTV秋のリレーーーー→WEEK」のトップバッターとして放送された同番組には、オードリー・春日俊彰が初登場した。

©テレビ朝日

春日が授業で取り上げたのは、現在71歳、Netflixで配信され世界的大ヒットを記録しているオリジナルドラマ『全裸監督』のモデルとして改めて脚光を浴びている村西とおる監督だ。これまで手がけたAV作品は3000本以上で、業界に革命をもたらした“帝王”と言われている。

しかし、村西監督は壮絶すぎる“しくじり”をやらかしていた。その内容は、「前科7犯」「借金50億円」「懲役370年求刑」と、『しくじり先生』史上でも類を見ない破格のスケール。

今回、教材として紹介するにあたって番組スタッフが実際に村西監督を取材し「なぜこんなにしくじってしまったのか」と直撃したところ、返ってきたのは「誰もやっていないことをやりたい性格なんです」という答え。

つまり村西監督は、「誰もやったことないことをやり過ぎて懲役370年求刑されちゃった先生」だったというわけだ。

◆前代未聞、“男優兼監督”の真意とは?

春日は、誰もやったことのないことに挑み続け、前代未聞のしくじりを数々しでかした村西監督の歩みを紹介。

村西とおるがAVの監督になった背景には、大きなしくじりがあった。監督になる前、彼は出版業を営んでいたのだが、法で禁じられている猥褻図画を出版・販売したため、逮捕状が…。しかし彼は、逮捕される前に逃亡してしまった!

もちろん、その後警察に捕まり実刑を受けたのだが、刑務所を出てすぐに妻に電話をしたところ、返ってきたのは「どちら様でしょうか?」という返事…。さらに、経営していた会社も倒産したため莫大な借金を背負うことになった。

こうして家族と全財産を失ったことが、エロで生きていく決意をするターニングポイントになったのではないかと春日は分析する。

©テレビ朝日

監督に転身しても、初めから順風満帆だったわけではない。

映像の教育を全く受けていないにもかかわらずいきなり監督デビューをしたこともあり、世間からは酷評を受ける羽目に…。

ヒット作を出せなかった村西監督は、ついに“男優として出演し自ら撮影もする”という前代未聞の試みにチャレンジする。

春日によれば、このチャレンジには驚くべき理由が!「多くのスタッフに囲まれて撮影される女性の緊張を解く」という意図があったという。

©テレビ朝日

やがて村西監督は、才女にして腋毛がトレードマークの黒木香と運命の出会いを果たし、彼女を出演させたビデオが大ヒットを飛ばした。

黒木作品で一気に業界の帝王となった村西監督は、さらに過剰な撮影を探求した結果、人生最悪のしくじりを犯してしまうことに…。

上空で撮影をすべくハワイを訪れていた村西監督たちのもとへ、なんとマシンガンを持ったFBIと警官隊が突入! 実は、それまでにもアメリカ国内で過激な撮影をしてきたため、村西監督は当局からマークされていたのだ。監督は主犯とみなされ、370年という、とんでもない刑を求められてしまった。

番組では、そんな波乱万丈すぎる半生について、村西監督本人からメッセージが!

「誰もやってないことをすると、大変な苦労とたくさんの批判が起こります。もしみなさんが、諦めかけたその時、この言葉を思い出してください――死んでしまいたい時には下を見ろ! 俺がいる!」

村西監督の、「まだどん底ではないと思ってもらえたら本望」という思いが込められたこの言葉。春日が代読を終えたとたん、教室中は拍手喝采に!「これを70歳で言うのはスゴイ」とオードリー・若林正恭も感心していた。

©テレビ朝日

また、地上波放送直後、深夜0時45分から配信開始した「Abemaビデオ」では、少し過激な部分も盛り込んだ、春日先生による「村西とおる監督」の授業完全版をオンエアしている。

※番組情報:『しくじり先生 俺みたいになるな!!
毎週月曜日 深夜0:15~深夜0:45、テレビ朝日

※AbemaTVの完全版は、「Abemaビデオ」で配信

LINE はてブ Pocket
関連記事
おすすめ記事