テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

清水国明が感心!ネット駆使し理想の生活送る女性に「想像を現実にしている」

芸能人が縁もゆかりもない地方に移住、その田舎暮らしに密着し、“人がそこに住む理由”を伝えるリアル・ドキュメント・バラエティー『イチから住~前略、移住しました~』(テレビ朝日系)。

©テレビ朝日

5月28日(日)の同番組では、“今の仕事を変えず”に地方移住して“念願だった趣味”を満喫している人々を紹介する不定期コーナー「移住して悠々人」が放送される。

同コーナー第3弾目となる今回は、芸能界きってのアウトドア派として知られ、過去に移住も経験してきた清水国明が、2年前に千葉県柏市から宮古島に移住した水本由梨さん(35歳)を訪ねる。

©テレビ朝日

40歳の夫が経営するゲストハウス兼自宅で暮らしている水本さん。

移住のきっかけは、3年前にひとり旅で宮古島を訪れ、海の美しさに感動したことだという。その際、ゲストハウスに宿泊したことから夫と知り合い、2年前、結婚するタイミングで島に移住。現在は、夫やゲストハウスの客たちと宮古島ライフを満喫している。

©テレビ朝日

水本さんの仕事は、CGデザイナー。もともと都内のCG制作会社で働いていたが移住を機に独立し、以前の勤務先から仕事を請け負っている。仕事の発注や業務連絡などはテレビ電話やメールでやり取りしているそうだ。

この日の放送では、「海が大好きなので、休みの度にゲストハウスの客と一緒にシュノーケリングをしています!」という水本さん夫妻に誘われ、清水がシュノーケリングに挑戦。

透明度は沖縄随一といわれる宮古島の海は、遠くまで見通すことができるためウミガメや熱帯魚もすぐ見つけることができる。人に慣れているためウミガメに近づいて泳ぐことも可能だというが、はたして清水はウミガメと一緒に泳ぐことができるのか?

©テレビ朝日

今回の訪問で“悠々人”の暮らしを目の当たりにした清水は、「仕事と生活がものすごくよいバランスで存在しているなと思いましたね。そのバランスをいつまでも大事にしたら、どんどん楽しいことが増えていくような気がします」と感心。

「距離が障害にならないよう、インターネットを使って仕事をするというのは、最も有効に文明の利器を駆使しているケース。今まで想像でしかなかったことを現実に実践している方がいたので心を強くしたというか、これからの残りの人生、少ない機会かも知れないけれども、僕自身も人生を使い切っていきたいなと思わされました!」と移住への思いを熱く語っている。

これからの人生に迷う人や、移住を夢見る人のヒントになること間違いになしの放送となりそうだ。

※番組情報:『イチから住~前略、移住しました~
2017年5月28日(日)午後6:30~6:57、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket +1