テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

名曲「ブルー・シャトウ」のジャッキー吉川、車いす生活後の見事な復活に黒柳も驚き!

5月19日(金)に放送される『徹子の部屋』に、1960年代に一世を風靡したグループ・サウンズ、ジャッキー吉川とブルー・コメッツが登場する。

©テレビ朝日

昭和の歌謡史に残る大ヒット曲「ブルー・シャトウ」から50年。当時、グループサウンズは“長髪”や“派手な衣装”がトレードマークだったが、彼らはスーツにネクタイ姿だったため「歌うサラリーマン」と言われていた。

そもそもは、母体となったグループにジャッキーさんがバンドボーイとして加入。その後、幾度となく入れ替わり現在のメンバーとなったが、2000年に井上大輔が亡くなり4人になってしまった。

 

◆美空ひばりとのエピソード披露

©テレビ朝日

また、来年80歳になるジャッキーは、数年前に発症したくも膜下出血により車いす生活を送っていたという。しかしそんな事を全く感じさせないエネルギッシュなドラムソロのVTRを見た黒柳はビックリ!

そのほかにも、1967年に美空ひばりと歌った「真赤な太陽」の貴重な映像を披露するとともに、今では「伝説」と言えるような“ひばりエピソード”を明かす。

※番組情報:『徹子の部屋
2017年5月19日(金)、正午~午後0:30、テレビ朝日系24局ネット

LINE はてブ Pocket +1