テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

「これはやられた」とプロが思った傑作カバー曲発表!秋川雅史らが大解剖

90年代に活躍したイタリアのアーティスト、ジョー・イエローの曲をカバーしたDA PUMPの『U.S.A.』が現在大ヒットしているが、実はこれまでの音楽シーンを振り返ると、カバー曲にはヒット曲が多数存在。徳永英明の名曲カバーアルバム『VOCALIST』シリーズはなんと、6作で600万枚ものセールスを記録している。

一体、なぜカバー曲にはヒット曲が多いのか――。その理由を探るべく、11月11日(日)に放送される『関ジャム 完全燃SHOW』では、プロのミュージシャンや作曲家を対象に一斉アンケートを実施し、「これはやられた!」と思った“傑作カバー曲”を調査。

©テレビ朝日

その結果をもとに、徳永英明や平原綾香のカバー曲などをプロデュースしてきた音楽プロデューサー・坂本昌之、テノール歌手でこれまで多くのカバー曲をリリースしてきた秋川雅史とともに“カバー曲の歌い方やアレンジの仕方に込められた(秘)テクニック”をひも解いていく。

番組では「カラオケとカバー曲は何が違うのか?」といった疑問に答えるほか、カバー曲を手がける上で重要なポイントを「イントロ」「編曲」「歌詞」「テーマ設定」に分けて紹介。さらに、傑作カバー曲はどうしてヒットしたのか――その秘密にもグッと迫る。

そして、番組恒例の“ジャムセッション”では、秋川(ボーカル)×坂本(ピアノ)×関ジャニ∞(錦戸亮&安田章大=ボーカル&ギター、丸山隆平=ベース、大倉忠義=ドラム)で、坂本九の『明日があるさ』のRe:Japanカバーバージョンをお届け。

秋川&錦戸&安田のトリプルボーカル、カバーバージョンならではの世界観に注目だ。

※番組情報:『関ジャム 完全燃SHOW
2018年11月11日(日)午後11:10~深夜0:05、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket +1
関連記事
おすすめ記事