テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

証拠隠ぺいも毒殺も失敗…「失敗ばかりの犯人」の謎に迫る【警視庁・捜査一課長】

5月4日(木)、テレビ朝日系でドラマ『警視庁・捜査一課長』シーズン2の第3話が放送される。

©テレビ朝日

“連ドラの鉄人”とも称されている内藤剛志が同作で演じているのは、警視庁の花形部署である捜査一課で400名以上の精鋭刑事を統率し、苦悩のなか重責を乗り越え部下を導いていく“等身大のヒーロー” 捜査一課長・大岩純一。

ほかにも、“大福”のニックネームを持つ平井真琴役の斉藤由貴や、“見つけのヤマさん”こと小山田管理官を演じる金田明夫など、前シリーズを支えてきた個性的な面々も再び集結。また、大岩の側近中の側近である運転担当刑事・刑部公平(ぎょうぶ・こうへい)役には、実力派人気俳優・田中圭が今回新たに登場している。

第3話では、手がかりを消そうとしてかえって証拠を残している“失敗ばかりの犯人”を追う。事件の背後に秘められた、切なくも悲しい“絆”とは…?

 

◆第3話あらすじ

©テレビ朝日

東京・有明の工場跡地で、大手ゼネコンの建築デザイナー・江上恭介(伊藤洋三郎)の刺殺死体が発見された。一報を受けて臨場した捜査一課長・大岩純一(内藤剛志)らは、“バンザイ”のように両手を挙げた姿勢の遺体に驚く。

現場の状況から、犯人はどこか別の場所で殺害し遺体を運んできたことがわかったが、被害者の耳に殺害現場の土が付着していた上、指紋を消そうとして遺体を拭いたメイク落とし用コットンの繊維片も残っていた。犯人は、犯行の手がかりを消そうとして、かえって証拠を残している…。平井真琴(斉藤由貴)は、“失敗ばかりの犯人”だと直感する

©テレビ朝日

司法解剖の結果、死因は背中を刺されたことによる失血性ショック死と断定されたが、体内から微量の毒物が検出されたほか、転落によってできた傷も見つかった。つまり犯人は毒殺に失敗し、突き落として殺害しようとしたものの、また失敗。最終的に刃物を使って刺殺したと思われた。まさに、“失敗ばかり”の犯人像が浮かび上がるが…!?

そんな中、被害者の江上は社内でパワハラ、セクハラを日常的に繰り返していたことが発覚。事件当日は、休みを取っていたアシスタントの中井太一(片岡信和)を強引に呼び出した挙句、自分は外出。共同で吊り橋を施工している建設会社の現場所長・真下久美(市毛良枝)のいる奥多摩を訪ねていたと判明する。真琴はさっそく久美を直撃するが、彼女は社内では“失敗しない女”“パーフェクトウーマン”と評判の完璧主義の女性だった…。

※番組情報:『警視庁・捜査一課長 season2』第3話
2017年5月4日(木)午後8:00~午後8:54、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket +1