テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

錦戸亮、出演ドラマの楽曲『3月9日』を藤巻亮太と歌う!冨田ラボも登場

聴くたびに心が震え、何かあると無性に耳を傾けたくなる曲が誰にでも1曲はあるもの。だが、どうやら心に刺さる名曲には男女に違いがあるらしい…!

そこで、9月30日(日)に放送される『関ジャム 完全燃SHOW』では、幅広い世代を対象に「男女別の泣ける歌」をアンケート調査。「歌詞とメロディーの男女差」を比較分析する。

©テレビ朝日

スタジオには、MISIAや中島美嘉などのアーティストから引っ張りだこの音楽プロデューサー・冨田ラボ、E-girlsなど1000曲以上の作詞を手がける人気作詞家・藤林聖子、『青春アミーゴ』などの大ヒット曲を手がける作詞家・zoppが集合。

今回は「泣ける歌」をテーマに20~50代の男女にアンケートを実施。すると、男性と女性でまったく違うベスト10ランキングが完成した。その結果をもとに男女差をひも解いていくと、「歌詞の主人公の立ち位置や生き様」はもちろん、「メインとなる世界観やテーマ」「音程の跳躍」「音色」の違いも明らかに!

さらに、泣ける歌の定番といわれる「涙腺コード」、女性が泣ける大きなポイントとなる「○系男子」の実態も詳しく解説。実はさまざまな涙腺ラインが存在する「泣ける歌」に、同番組ならではの切り口から迫っていく。

そして、番組恒例の“ジャムセッション”では、藤巻亮太×関ジャニ∞(錦戸亮=ギター&ボーカル、安田章大=ギター&ボーカル、大倉忠義=ドラム)で、錦戸出演ドラマの楽曲でもあるレミオロメンの『3月9日』を披露する。

※番組情報:『関ジャム 完全燃SHOW
2018年9月30日(日)午後11:20~深夜0:15、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket +1
関連記事
おすすめ記事