テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

部屋で綱渡り…?2年間で5200人が訪れる「ギルド」の暮らしぶりが明らかに!

お金がなくても明るく楽しく生きている「夢あるビンボーさん」をサポートする生活応援バラエティー『銭形金太郎』。5月3日(水)、2013年10月以来約3年半ぶりに同番組が復活し放送される。

久々の放送には、お馴染みのメンバーたちが大集合。ネプチューン、そしてくりぃむしちゅー、東貴博、土田晃之たちが懐かしいツナギ姿で番組に登場し、ビンボーさんたちに体当たりリポートを展開していく。

©テレビ朝日

「カウントダウンTVをご覧の皆さん、こんばんは」と“銭金”ではおなじみのジョークでリポートを始める土田晃之。 彼が紹介するのは「冒険者ビンボーさん」だが、土田は「一切冒険シーンはございません!」と言い切る。

そんな謎だらけの冒険者ビンボーさんの生活ぶりを探っていくと「ギルドハウス十日町」と名付けられた古民家で14人が共同生活を送っていることが明らかに。

ギルドとは、中世から近世の西欧諸国の都市で結成された職業別組合のことをいうが、共同生活を送る14人は地域のお手伝いをしながら部屋をシェアして暮らしているとのこと。

この“ギルド”の噂が口コミで広まると、世界各国から旅人が集まるようになり、この2年間で5200人もの人が訪れたとか。土田サポーターが訪れたこの日も、2階へ上がると部屋の中で綱渡りをする外国人と遭遇。番組では、そんなギルドハウスに集う超個性的な人々とその暮らしぶりを紹介する。

※番組情報:『銭形金太郎
2017年5月3日(水)、よる7:00~8:54、テレビ朝日系24局ネット

LINE はてブ Pocket +1