テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

カセットテープに隠された真実は…時をこえて届いたメッセージ「カシワ」の意味【刑事7人】

主人公・天樹悠(東山紀之)を中心とした個性あふれる刑事たちが、法医学の権威・堂本俊太郎(北大路欣也)とともに各々の得意分野を生かしながら凶悪犯罪を解決に導いていくドラマ『刑事7人』

©テレビ朝日

8月1日(水)に放送される同作の第4話では、学芸員の女性が刺殺体で見つかり、その女性は時効を迎えた“23年前のある殺人事件”の唯一の生き残りだったことが発覚する。

調べを進める天樹(東山紀之)らだが、捜査線上には被害者をストーカーしていた男、更には23年前の殺人でも犯人ではないかと疑われていた女が浮上する。

生き残った彼女の命を、時を経て奪ったのは一体誰なのか。そして、被害者の遺品“謎のカセットテープ”に隠された真実とは…?

◆あらすじ

博物館で働く学芸員の井上真由(逢沢りな)が、帰宅途中の公園で何者かに刺殺された。真由の手の指には毛髪が絡みついており、現場を訪れた青山新(塚本高史)、水田環(倉科カナ)は犯人と揉み合って掴んだのではと考える。

青山と環が堂本俊太郎(北大路欣也)の解剖結果を聞くところへ、天樹悠(東山紀之)と野々村拓海(白洲迅)も入って来る。天樹は、被害者の真由は23年前に自宅で拉致され一週間後に山の中で刺殺死体となって見つかった夫婦の一人娘だと説明。当時5歳だった真由は同じ幼稚園の友人の家に泊まりに出かけていたことで難を逃れていた。しかも皮肉なことに、事件が発生したのは平成7年の4月26日。15年後の平成22年に改正刑事訴訟法が施行されて時効が廃止になる、まさにその前日に無念の時効を迎えていたのだ。

環と青山は、生前の真由につきまとっていた町山茂樹(三浦俊輔)という男について調査。一方、天樹は両親を亡くした真由のその後の生活を支援していた元小岩中央署の大森正一(大谷亮介)に会いに行く。大森は、証拠さえ掴められれば逮捕できていたかもしれない女がいたと天樹に告白。その女とは、23年前の事件当時に真由を泊めた幼稚園の友人の母親・門田恵子(大家由祐子)。数年前に嫁いだ恵子の娘・里中恵理香(鮎川桃果)によると、恵子は事件当日の夜、勤め先のスナックのホステスが一人来られなくなったと言って夜に出かけ、朝方に帰って来たという。

そんな中、博物館の同僚の証言から、真由が殺される1カ月ほど前からカセットテープを何度も聴いていたことが判明する。古いテープの中には2人の女の声が録音されており、一人は恵子の店で働いていたホステスのもの、もう一人はどうやら真由の殺された母親であると分かる。母親は真由に向かって『カシワ』に行こうと告げていた…。この『カシワ』とは一体なんなのか。そして、真由がこのテープを何度も聴いていた理由とは―!?

※番組情報:『刑事7人』第4話
2018年8月1日(水)午後9:00~午後9:54、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket +1