テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

勝地涼、川口春奈に一途なイケメン医師に!ドラマ『ヒモメン』の豪華キャスト発表

窪田正孝が、川口春奈の“ヒモ”になる――そんな衝撃の設定でスタート前から注目を集めている土曜ナイトドラマ『ヒモメン』(テレビ朝日系)。同作のレギュラーキャストがついに決定! 豪華な顔ぶれが揃うこととなった。

『ヒモメン』は、「楽に生きたい」をモットーに働かないことに全力を尽くすヒモ男“翔ちゃん”こと碑文谷翔(窪田正孝)と、彼を更生させたい恋人の看護師・春日ゆり子(川口春奈)の“おバカ”な同棲生活を描いていくドラマ。

はたしてゆり子は、翔ちゃんをヒモ生活から更生させ、幸せを手に入れることができるのか?

 

◆嫉妬深いイケメン医師に、勝地涼

そんな2人を取り巻く個性あふれるキャスト陣が、このほど決定。

ゆり子に恋心を抱き、翔に嫉妬の炎を燃やすイケメン医師・池目亮介にふんするのは、若手屈指の演技派・勝地涼だ。

©テレビ朝日

シリアスからコメディまで数々の作品で強烈なインパクトを残してきた勝地が、“執念深いイケメン医師”というひねくれた役どころをコミカルに演じる。

勝地は、「“ヒモ”という存在は、世間的には非難されがちなダメ人間かもしれませんが、翔ちゃんには彼なりの考えや思想があるので、少しカッコいいと感じました。ただ、自分はそういうタイプではありません!」と主人公・翔への理解を示す。

しかしながら、「池目先生の中には“ヒモなんて認めない!”という考えがあり、性格的にも裏表のあるヒールな部分があったりしますが、ゆり子に対する想いは一途で純粋なので、愛すべき人物として演じていければ」と意気込みを語った。

©テレビ朝日

また、“だめんず好き”の先輩看護師・田辺聡子役は、佐藤仁美

最近はダイエットが成功し美しく変貌を遂げたことで話題をふりまいているが、かねてより名バイプレーヤーとして名高い佐藤が、緩急自在の演技でストーリーを盛り上げる。

©テレビ朝日

そして、ゆり子の勤務先の看護師長・尾島和子役を、映画・ドラマで独特の存在感を発揮してきたYOUが熱演。権力に媚びるいけ好かない上司を、振り切った演技で表現する。

©テレビ朝日

さらに、翔の行きつけの居酒屋店主・網走太一郎役として、『警視庁・捜査一課長』『科捜研の女』シリーズでおなじみの名優・金田明夫が出演。ミステリーとは一味も二味も違う、金田の弾けっぷりに注目だ。

このほか、『相棒season 16』のゲスト出演などで注目が高まっている田原可南子、舞台や映画で活躍する皆本麻帆が、ゆり子の同僚看護師役として出演。19歳の新進女優・大幡しえりが、翔の行きつけの居酒屋店員役でフレッシュな演技を見せる。

まさに、ベテランから若手まで演技巧者たちが集結した土曜ナイトドラマ『ヒモメン』。7月からのスタートに期待せずにはいられない。

 

◆勝地涼(池目亮介・役)コメント

「今回のお話をいただいてから、原作のマンガを読みました。“ヒモ”が主人公という設定をはじめ、とてもコミカルで面白い作品なのですが、自分にとって『何が大事なのか?』という事を考えさせられ、ハッとさせられる部分がありました。

“ヒモ”という存在は、当たり前のように仕事をしている人にとっては理解できない生き方、世間的には非難されがちなダメ人間かもしれませんが、翔ちゃんには彼なりの考えや思想があるので、少しカッコいいと感じました。彼女のために、やれる事を必死にやっている姿は可愛らしくもあります。ただ、自分はそういうタイプではありません!

僕が演じる池目先生の中には『ヒモなんて認めない!』という考えがあり、性格的にも裏表のあるヒールな部分があったりしますが、ゆり子に対する想いは一途で純粋なので、そういう部分では愛すべき人物にしていければと思います。

窪田正孝くんは、普段からほっとけない、気にかかる存在だったりするので、本来は違うと思いますが、“ヒモ”の姿が想像できるというか…(笑)フワフワした感じがピッタリだと思いました。

川口春奈さんもデビュー当時にご一緒した事があり、10代の頃もしっかりとされていましたが、20代になってさらに自立した女性のイメージがあるので、ゆり子役にはピッタリだと思いました。

2人以外の登場人物も良い人だけど個性的なキャラクターばかりですし、人間臭さがある所が面白いので、共演者の方々と一緒にポップな作品にしていければと思います。土曜の夜、気楽に見て、笑って頂けるドラマにしたいと思います。楽しみにしていてください」

※番組情報:土曜ナイトドラマ『ヒモメン
2018年7月スタート!【毎週土曜】午後11:15~深夜0:05、テレビ朝日系

LINE はてブ Pocket +1