テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

美ボディ女子、鮮やかにターン!アイドル、陸上選手らが鍛え抜いた“大腿筋”を披露

己の肉体を極限にまで鍛えあげた美女たちが、“超人◯◯女子No.1”の座を争うワンダーウーマンバラエティー『超人女子』

6月7日(木)の同番組では、合計6組12名による異色のリレー対決「超人大腿筋女子」を放送する。

©テレ朝POST/超人女子

今回は、プロスポーツの入団テストでも採用されている「プロアジリティ」という切り返しの速さの要素を加えた変則リレーで対決。スタートから、10m、15mの箇所に折り返し地点を設け、50m走り切ったタイミングでパートナーと交代し、2人合計300mを走り勝敗を決する。

©テレ朝POST/超人女子

本家の陸上経験者が速いのは言わずもがなだが、ペアのコンビネーションもモノを言うこの競技。

予選第1組では、坪井保菜美(新体操)&森詩織(アイドル)と、津吹アイリ(陸上7種競技)&田上舞子(パーソナルトレーナー)が激突する。

©テレ朝POST/超人女子

マラソン大会に出場するなど脚力に自信のある坪井&森は、陸上7種競技で活躍する津吹アイリ有するタッグに一矢報いることはできるのか?

©テレ朝POST/超人女子

予選第2組では坂井絢香(ポールダンサー)&杉山しずか(総合格闘家)と、速水舞(陸上十種)&ヤハラリカ(ハンドボール)が対決。

超人女子でタイトル獲得経験のある坂井&杉山コンビに対し、速水&ヤハラが“下剋上”を狙う。

©テレ朝POST/超人女子

予選第3組では、坪井ミサト(野球)&佐野夏未(スタント)と、東あずさ(モデル・ブラジリアン柔術家)&宮河マヤ(モデル)がマッチアップ。

©テレ朝POST/超人女子

同組の注目は、これまで数々の競技で“予選落ち”に終わってきた東&宮河ペア。彼女たちは、超人女子のレギュラーの座を狙う次世代のエースタッグを倒して、悲願の決勝進出を目指す。

そして、決勝では予選を通過した3組が巴戦を行い2連勝したペアが勝利する。はたして、どのペアが「超人大腿筋女子」の栄冠に輝くのか? 劇的な結末が待ち受ける勝負の行方は、今夜の放送で明らかに!

<撮影:長谷英史>

※番組情報:『超人女子
2018年6月7日(木)深夜1:46~2:16、テレビ朝日(※関東ローカル)

LINE はてブ Pocket +1
関連記事
おすすめ記事