テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

13歳天才ダンサー・TAKERU、大原櫻子とコラボ!自ら考案の振り付けで粋な演出

5月11日(金)に放送される『ミュージックステーション』では、豪華アーティストが同番組ならではのスペシャルコラボパフォーマンスを生披露する。

©テレビ朝日

大原櫻子は、CMソングとしても話題の新曲『泣きたいくらい』を、注目のダンサー・TAKERUとコラボレーション。

TAKERUは、2月に放送された「ダンススペシャル」の際、三浦大知がその名前を挙げて絶賛していた“キッズダンサー”だ。そのとき、三浦は「表現力がすごい」「この年齢(13歳)にしてダンサーにしかできない演技的な表現・しぐさを身につけている」と、彼の才能を高く評価した。

今回のコラボのリハーサルのため、7日(月)、大原とTAKERUは初対面を果たした。13歳という年齢からか、TAKERUは恥ずかしがってなかなか大原と目を合わせられない様子…。しかも全国生放送に初めて出演するとあって、早くも緊張気味だ。そんな彼の様子に、大原は「カワイイ!」を連発するが、踊りだすと中学1年生とは思えないキレのいいダンスに感動!

今回は、TAKERU自ら振り付けを考案。『泣きたいくらい』という曲のタイトルにちなんで最後にTAKERUから大原にあるモノを手渡すという粋な演出も…!

大原の澄み切った歌声にTAKERUのキレッキレのダンスが加わると、いったいどんなパフォーマンスになるのか? 奇跡のコラボは見逃せない。

 

◆さかなクン、スカパラと超豪華コラボでMステ初登場

©テレビ朝日

また、話題のコラボ「東京スカパラダイスオーケストラ feat.さかなクン」として、お魚博士のさかなクンが同番組に初登場!

かつて『笑っていいとも!』にレギュラー出演していたこともあり、タモリとも交流が深いというさかなクンが、スカパラとともに出演して話題となったCM曲『Paradise Has No Border』に加え、かつての大ヒットソング『およげ!たいやきくん』をテレビ初披露する。

中学時代、「水槽がたくさん並んでいる部活」と勘違いして吹奏楽部の門を叩いたというさかなクン。今回は、バスサックスとクラリネットの演奏に挑戦。スカパラとの共演を「夢のよう」だと興奮気味に語るさかなクンだが、コラボするスカパラも「合わせるたびにうまくなる!」と、さかなクンの演奏技術を絶賛する。視聴者を驚かせるに違いない、さかなクンの巧みな演奏&歌声は必見だ。

そして、それぞれのパフォーマンスの合間に繰り広げられる、さかなクンと豪華アーティストたちによる“生トーク”にも注目。さかなクンは音楽番組でも“お魚ダジャレ”を連発するのか!? さかなクンとアーティストたちの爆笑&熱い“お魚トーク”から目が離せない!

※番組情報:『ミュージックステーション』コラボSP
2018年5月11日(金) 午後 8:00 ~ 午後 8:54、テレビ朝日24局

【出演予定アーティスト】(50音順)
・大原櫻子×TAKERU「泣きたいくらい」
・島茂子「戯言」
・CHAI 「N.E.O.」
・東京スカパラダイスオーケストラ feat.さかなクン「Paradise Has No Border」~「およげ!たいやきくん」メドレー
・乃木坂46「シンクロニシティ」

LINE はてブ Pocket +1