テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

自然と暮らす建築 VS 近未来的な建築!『特捜9』、デキレースの真実に迫る

人気シリーズドラマ『警視庁捜査一課9係』のメンバーである井ノ原快彦らが「特別捜査班」としてチームを再結成、寺尾聰扮する新班長のもと抜群のチームワークで難事件に立ち向かうドラマ『特捜9』(とくそう・ナイン)

大好評を博している同作は、4月18日(水)に放送された第2話で山田裕貴扮する若手刑事・新藤もチームに合流し、さらなる盛り上がりを見せている。

©テレビ朝日

4月25日(水)放送の第3話では、直樹(井ノ原快彦)らが人気建築家が刺殺された事件の真相に迫る。

被害者作成の「自然と暮らす建築」VSライバル建築家の「ガラスと鉄の建築」…事件には、新都市計画を巡る思惑が絡み合う。ライバル建築家の妻の謎めいた行動に隠された真実とは?

 

◆あらすじ

自然と共生する設計で人気の建築家・森田亜紀子(冨樫真)の刺殺体が仕事部屋で発見された。

第一発見者でアシスタントの北原里香(長尾純子)によると、亜紀子はとある町の設計コンペに参加しており、その設計模型が、何者かによって破壊されていた。

コンペには近未来的なデザインで有名な建築家・大屋源治(下條アトム)も参加していた事が判明する

青柳(吹越満)と矢沢(田口浩正)はその建築家・大屋の自宅へ。志保(羽田美智子)と村瀬(津田寛治)は、コンペを持ちかけた不動産会社の担当・中田孝(中野剛)、江波太門(伊嵜充則)の元へ聞き込みに向かう。

一方の直樹(井ノ原快彦)は、真澄(原沙知絵)から、被害者は傷口の形状から工作用のカッターナイフで刺された可能性が高いと聞く。

そんな中、大屋の靴が現場に残された足跡と一致! 直樹らは住居侵入の容疑で大屋家の家宅捜索を行う。その様子を心配そうに見守る大屋の妻・千鶴(洞口依子)の動きが不審である事に新藤(山田裕貴)が気付き、単独で尾行を開始するが、そこで意外な事実が判明し―。

更に、今回のコンペはデキレースだったという話しを聞いた志保らは、関係者を洗い直し、新たな事実に辿り着くが…。

※番組情報:『特捜9』第3話
2018年4月25日(水)午後9:00~午後09:54、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket +1