テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

波瑠、新ドラマ『未解決の女』でアクションも!「“綺麗”は鈴木京香さんにお任せ」

初共演となる波瑠と鈴木京香の2人が揃って女刑事に扮し、強力タッグを組んで事件を解決する新ドラマ『未解決の女 警視庁文書捜査官』が4月19日(木)より放送される。

2人は警視庁捜査一課「特命捜査対策室」第6係に所属。未解決事件の文書捜査を担当する「文書解読係」とも言われている同部署で、“文字”を糸口に未解決事件を鮮やかに解決していく。

 

◆“最強の凸凹女刑事バディ”がミステリー界に嵐を巻き起こす!

©テレビ朝日

主演・波瑠が演じるのは、 “肉体派”熱血刑事・矢代朋。燃える正義感と情熱、直感を武器に、なりふり構わない無鉄砲な捜査で事件解決に奔走する役どころだ。

一方、テレビ朝日の連続ドラマに出演するのは25年ぶりとなる鈴木京香が演じるのは、文字フェチの“頭脳派”刑事・鳴海理沙。わずかな文章から書き手の性格や思考を言い当てるという稀有な能力を持つ“文書解読のエキスパート”だ。

一見正反対のタイプながらも、バディを組むことで互いの根底に共通するものを見出していく2人。息の合ったバディへと成長していく彼女たちから目が離せない!

 

◆濃厚男性キャスト、1話ゲストにも注目!

また、波瑠と鈴木を取り囲む濃厚な男性キャストとして、沢村一樹・遠藤憲一・高田純次・光石研・工藤阿須加など錚々たる面々が勢ぞろい!

独自の味わいと実力を誇る男性陣キャストは、美しき女刑事バディとどんな化学反応をおこすのか?

さらに第1話では、ゲストとして中山美穂・風間俊介・渡辺いっけい・半海一晃らが出演する。30年ぶりにテレビ朝日のドラマ出演を果たす中山をはじめ、ゲストの熱演にも注目だ!

 

◆波瑠「鈴木さんは、自分が恥ずかしくなるくらい美しい」

©テレビ朝日

そして、今回主演を務める波瑠は、初共演となる鈴木京香について次のように話している。

「ティザー撮影などをしながら、『あぁ、いよいよ始まるな』と実感が沸いてきました。鈴木京香さんをはじめ、素晴らしい先輩方たちのお芝居を間近で見られるなど、楽しみなことがいっぱいあるので、撮影が待ち遠しいです。

鈴木さんとは以前、舞台を観劇した後に偶然お会いして、すれ違いざまにご挨拶だけさせていただいたのですが…ビックリしますよ! 綺麗すぎて! もう『自分が恥ずかしい!』と思うくらい美しかったのが強く印象に残っているので、今回もすごく背筋が伸びる思いです」

また、役柄や作品については次のようにコメントしている。

「私が演じる朋は文字通りバタバタ、ドタドタとやかましく立ち回る役どころ(笑)。ひたすら情熱だけはあるキャラクターで、職場の先輩たちからもちょっと煙たがれるような女性です。

人間関係を通して、朋にも周りの先輩たちにもきっと成長がある物語なんじゃないかなと感じていますし、ご覧になった方々がすごく前向きになれるような作品を目指したいです。

また、今回はこれまで本格的に挑戦したことのないアクションもあるので、日ごろから運動をして備えようとも考えています。これから3カ月、綺麗なところはすべて鈴木さんにお任せして(笑)、私は汗をビシャビシャッとかきながら、汗臭い感じで撮影に臨みたいと思います(笑)。

男がそこにいるんじゃないか…と思われるくらいの鬱陶しさを全力で出しながら、鈴木さん演じる理沙との差を楽しみたいです」

※番組情報:『未解決の女 警視庁文書捜査官
2018年4月19日(木)スタート! 毎週木曜日 午後9:00~午後9:54放送、テレビ朝日系24局

LINE はてブ Pocket +1
関連記事
おすすめ記事