テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

『ラストアイドル』12名の暫定メンバー決定!新シーズンMCにカンニング竹山

秋元康氏が新たな大型アイドルグループをプロデュースすべく立ち上げた前代未聞のオーディション番組『ラストアイドル』

©ラストアイドル製作委員会

毎週繰り広げられる壮絶な“入れ替えバトル”が「リアルすぎる!」と大きな話題をよび、すさまじい反響を巻き起こしてきた。

「ファーストシーズン」では、勝ち残った7名が「ラストアイドル」(現「LaLuce(ラルーチェ)」)としてメジャーデビューを果たし、元暫定メンバーや敗北した挑戦者により構成された「Good Tears」「シュークリームロケッツ」「Someday Somewhere」「Love Cocchi」という計5つのユニットも誕生。「ラストアイドルファミリー」ができた。

続く「セカンドシーズン」では、秋元康、織田哲郎、小室哲哉 指原莉乃、つんく♂という超大物プロデューサーたちと5ユニットがタッグを組んで壮絶なバトルを展開。「シュークリームロケッツ」が見事にバトルを制し、セカンドシングルの表題曲『君のAchoo!』を4月18日(水)にリリースする。

そんな興奮が冷めやらぬなか、『ラストアイドル』では“究極のアイドル”を目指す第2期生の募集を開始。厳正な審査の結果、暫定メンバー12名が決定し、4月14日(土)の放送で初お披露目された。

 

◆14~22歳の個性豊かな暫定メンバーが集結

第1期メンバー募集では、“プロアマ問わず兼任可”という応募条件だったが、第2期メンバーの募集においては、「現在プロダクションに所属していない(経験不問)」ことが条件に。

そして、第1期同様すでに歌うデビュー曲・衣装・楽曲用の振り付けまで完成。すべての準備が整った上でメンバーの公募が行われた。

2期生暫定メンバーオーディションは2月下旬より受付を開始。およそ3000名の応募があり、1次書類審査、2次審査(ダンス、歌唱)で約60名にまで絞り込み、最終審査で初回収録に臨む12名が選ばれた。

勝ち残ったのは、篠原望(21)、水野舞菜(17)、高橋美海(18)、篠田萌(16)、木崎千聖(15)、山本琉愛(14)、町田穂花(15)、延命杏咲実(14)、上水口姫香(15)、畑美紗起(22)、 小田中穂(16)、河田梨帆(21)だ。

 

◆新MC・カンニング竹山のもと、次週から壮絶バトルがスタート

選ばれた12名は、14日(土)の「サードシーズン」初回オンエアでデビュー曲を披露するため、最終選考からわずか1週間で歌と踊りをマスター。見事パフォーマンスを披露し、最初の試練を乗り越えた。

しかし、彼女たちが息つく暇はない。次週21日(土)からさっそく残酷な入れ替えバトルが始まる。もちろん、審査員ひとりが独断と偏見で決めるジャッジシステムは「サードシーズン」も変更なし。

また、今シーズンより新MCにカンニング竹山が就任。彼女たちの過酷な闘いを、厳しくも温かい視点で見守っていく。

はたして、どんな波乱が待ち受けているのか? 新たにはじまるリアルアイドルバトルから目が離せない!

※番組情報:『ラストアイドル』サードシーズン
【毎週土曜】深夜0:10~0:35、テレビ朝日系(※一部地域を除く)

LINE はてブ Pocket +1