テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

遼河はるひと神保悟志、秘境での“野宿旅”に挑戦!「島をあげての卒業式」に感涙

『なかなか行けないニッポンの秘境!スター野宿旅!!』は、芸能人がテント持参であまり人が足を踏み入れることのない日本の秘境を旅し、現地の人々のおススメの場所で“野宿”に挑む異色の旅バラエティー番組。

2017年7月に第1弾を放送して話題を集めた同番組の第2弾が、4月8日(日)に放送される。

今回は、神保悟志が鹿児島県の離島である三島村の竹島で、遼河はるひが長野県の秘境・遠山郷で“野宿旅”を行う!

 

◆島民全員参加の涙の卒業式に出席!

©テレビ朝日

神保が旅する秘境は、鹿児島県三島村の竹島。その名のとおり“リュウキュウチク(大名竹)”に覆われた島で、人口は80人ほど。

下船したものの、港には人影がゼロ! 戸惑いながら竹藪を抜けていくと、元気な「おはようございます!」の声が聞こえ神保はホッとする。そこは村にひとつしかない小中学校の近くで、子どもたちが掃き掃除を行っていた。神保は子どもたちから、この日が卒業式当日だと聞く。

その後、竹島の集落に到着。島民にどんな絶景があるのかリサーチしようとするが、会う人会う人に「忙しいので…!」と断わられてしまう。なぜかというと、竹島では卒業式は島民のほぼ全員が参加。島一丸となって卒業生を送り出すそうだ。

それを聞いた神保は、自分も卒業式に出席させてもらうことに。「こんな温かい卒業式、はじめて見ました!」と感動して涙を流す神保。そこにはどんな卒業式の光景が広がっているのか?

 

◆遼河はるひ、 “天空の里”で触れ合い旅

©テレビ朝日

一方、遼河が訪ねたのは、長野県の最南端の里山“遠山郷”。バスで玄関口に到着した遼河は、どんな秘境なのかリサーチを開始しようとするものの、往来には人影が見当たらない。

民家や商店に突撃してなんとか“下栗の里”という場所に絶景ポイントがあるという情報を聞き出すことに成功。下栗は標高800~1000メートルの場所で、南アルプスを望む景観が素晴らしく、“日本のチロル”と評されているそう。さらに展望台から見える下栗の集落は“天空の里”と呼ばれているとのことだった。

下栗まで車で送ってもらった遼河は、地域に4人しかいないという子どもたちや民宿のおばあちゃんと交流。さらには上村小学校の先生たちの送別会に飛び入りし、乾杯の音頭まで取ることに。

夜は、ロッジの駐車場を借りてテントを張って過ごす。風雨に見舞われた一夜が明け、遼河はいよいよ山道を登り“天空の里”が一望できる展望台へ! そこに広がっていた光景とは…!?

 

◆神保悟志、遼河はるひ コメント

鹿児島県三島村・竹島での野宿旅を終えた神保は、「島では島民の皆さんが心底、他人のことを思ってくれていて、島自体が家族のような繋がりを持っていていました。こういうことを忘れてはいけないなと思いました」と、温かい人情に心を動かされたことを報告。

遠山郷を旅した遼河も、「日本の自然、四季を感じられる暮らしは、人間としてのよさがあると思う。家族のあり方は違うけど、皆さんこの村が大好きで誇りを持っていることを感じました。この村が好きになりました!」と感激の思いを口にしている。

※番組情報:『なかなか行けないニッポンの秘境!スター野宿旅!!』
2018年4月8日(日)午前10:00~午前11:45、テレビ朝日

LINE はてブ Pocket +1