テレ朝POST

次のエンタメを先回りするメディア
menu

いとうあさこ、本格ミステリー初出演!共演相手に久々に女性ホルモンうずく

ヒラから這い上がった“叩き上げ”の捜査一課長・大岩純一(内藤剛志)と捜査員たちの熱き奮闘を描く木曜ミステリー『警視庁・捜査一課長』

その「season3」が4月12日(木)にスタート。第1話は、堂々2時間スペシャルで放送する。

©テレビ朝日

そして、初回2時間スペシャルには人気芸人・いとうあさこがゲスト出演していることが発表された! いとうは、ファッションジャーナリスト役を熱演する。

 

◆いとうあさこ、役名は“バーブ凛子”

『警視庁・捜査一課長』は、2012年7月に「土曜ワイド劇場」からスタートし、2016年4月クールの「木曜ミステリー」枠で連続ドラマとして飛躍を遂げた人気ミステリー。

4月からスタートする「season3」では、壮絶な人生経験から培った鋭い洞察力を持つ谷中萌奈佳(安達祐実)と、長年の主夫経験から得た“女子力”を駆使する運転担当刑事・奥野親道(塙宣之)が新加入! 強力な新メンバーを迎え、さらなるパワーアップを果たす。

初回2時間スペシャルで大岩一課長たちが挑むのは、“20世紀から来た遺体”の謎…!

東京・台場で2000年頃に流行ったファッションを身に着けた女性の絞殺死体が発見されたところからはじまるストーリーだが、その背後には大岩の同期だったひとりの刑事の事故死が関連していて…?!

©テレビ朝日

そんな物語の中でいとうあさこが演じるのは、2000年頃の文化やファッションに詳しいファッションジャーナリスト“バーブ凛子”。捜査の方向性を決定づける、ある重要なヒントをもたらす役どころでもある。

デザインも手掛けるカリスマファッション評論家という設定だけあって、いとうはビビットな大胆ファッションに身を包んで登場。聞き込みにやって来た小山田大介管理官(金田明夫)に「いいオトコ~。散々貢いだのに私を捨てた男にそっくり」と迫る場面も…!

今回が本格的なミステリードラマ初出演だという彼女は、「金田さんが私を盛り上げようと、“こうやってみようか”などとたくさんお話ししてくださったので、撮影中も緊張しなかったです」と、金田のおかげで緊張から解き放たれたエピソードを披露。

さらに、「キレイなファッションを着せてもらったし、金田さんは素敵だし、久しぶりに女性ホルモンがうずいちゃいました(笑)」と、撮影中コッソリときめいていたことも明かした。

 

◆いとうあさこ コメント

――撮影を終えて感想は?

「本格的なミステリードラマ出演は初めてでしたが、改めて俳優さんってすごいなと思いました。だって、暑いときに寒い格好をしなくてはならないし、またその逆もあるでしょう?

今回の撮影は早朝だったこともあってけっこう寒かったのですが、金田さんにうかがったら、俳優はその日の気温にあった衣装を着ることなんてほぼないとおっしゃっていました。お笑いは、寒いときは『寒い寒い!』って言ってもOKな仕事なので、改めて役者さんはすごいなと尊敬しました!

金田さんは本当にやさしくて、明るくてステキな方でした。私を盛り上げようと、“こうやってみようか”などとたくさんお話ししてくださって、おかげで撮影中も緊張しなかったです」

――この『警視庁・捜査一課長』、ご覧になったことは?

「もちろんです! 今回は事務所の後輩、ナイツ・塙宣之がお世話になっておりまして、私を含めマセキ芸能社の人間がドラマの世界を壊すことのないように…と思っています。

先ほど金田さんにお聞きしたら、内藤さんも金田さんも、最初は塙のこと、あまり年齢が変わらないと思ってお喋りしてくださっていたとか…(笑)。塙にも随分、よくしていただいているようで本当に感謝です」

――視聴者の皆さんにメッセージを!

「金田さん演じる小山田管理官と凛子の掛け合いの楽しさをお伝えできたらなと思います。ちょっぴりコメディタッチのシーンなのですが、キレイな衣装を着せてもらったし、金田さんは素敵だし…久しぶりに女性ホルモンがうずいちゃいました(笑)」

※番組情報:『警視庁・捜査一課長season3
2018年4月12日(木)スタート!【毎週木曜】午後8:00~午後8:54、テレビ朝日系24局
(初回は2時間スペシャル<午後8:00~午後9:48>)

LINE はてブ Pocket +1
関連記事
おすすめ記事